東京オートサロン 2016

豊田自動織機、クーペとSUVが融合した独自のコンセプトカーを参考出品

2015年の全日本ラリー選手権JN5クラスチャンピオンマシンも展示

2016年1月15日〜17日開催

 1月15日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開幕した「東京オートサロン2016 with NAPAC」に、豊田自動織機が初出展した。

 同社は豊田佐吉が発明した「自動織機」を製造するため大正15年に愛知県に設立され、昭和8年に後のトヨタ自動車となる自動車製造のための自動車部が設置された、トヨタ車の源流とも言える会社だ。現在はトヨタの委託を受け「ヴィッツ」と「RAV4」を生産しているが、その一方で「自分達のクルマを自分達の力でもっと魅力的に!」との考えのもと、新しいアイデアを取り入れたクルマを企画する活動「「わが社のViRA(VitzのVi、RAV4のRAの文字を取った造語)活動」を実施している。

 今回出展されたモデルは「New Drive and Leisure」をテーマに、クーペの持つスペシャリティ感や走りをイメージしたスタイルとSUVのダイナミックさを兼ね備え、新しい走りとこれからのレジャーの方向性を表現したオリジナルコンセプトカーとなる。

新しい走りとこれからのレジャーの方向性を表現した豊田自動織機のオリジナルコンセプトカー

 ブースではオリジナルコンセプトカーのほか、2015年シーズンの全日本ラリー選手権でJN5クラス シリーズチャンピオンを獲得した「豊田自動織機 Vitz GRMN Turbo ラリーカー」を展示している。

 JN5クラスは排気量1500-3000ccのクラスでトヨタ86/スバルBRZ、ホンダインテグラやシビックのタイプR勢、MINI、プジョー208、アバルト500R3Tなど車種バリエーションに富む激戦クラスだ。ちなみにドライバーの天野智之選手は豊田自動織機の社員。

2015年全日本ラリー選手権JN5クラス シリーズチャンピオンマシン「豊田自動織機 Vitz GRMN Turbo ラリーカー」
豊田自動織機ブースにはトヨタ自動車 豊田章男社長も訪れ、全日本チャンピオンとラリー談義にも華を咲かせていた

高橋 学

1966年 北海道生まれ。下積み時代は毎日毎日スタジオにこもり商品撮影のカメラアシスタントとして過ごすも、独立後はなぜか太陽の下で軽自動車からレーシングカーまでさまざまな自動車の撮影三昧。下町の裏路地からサーキット、はたまたジャングルまでいろいろなシーンで活躍する自動車の魅力的な姿を沢山の皆様にお届けできればうれしいです。 日本レース写真家協会(JRPA)会員