2016ジュネーブショー

レクサス、ハイブリッドフラグシップクーペ「LC500h」をジュネーブで披露

マルチステージハイブリッド機構も展示

2016年3月1日〜13日(現地時間)

スイス ジュネーブ

GENEVA PALEXPO

ジュネーブモーターショーで展示されたレクサス「LC500h」

 レクサス(トヨタ自動車)は2月18日にオランダのデン・ハーグで世界初公開した新型ハイブリッドラグジュアリークーペ「LC500h」をジュネーブモーターショーのメイン展示として披露した。

レクサス「LC500h」のアンベール

 LC500hは、2016年1月にデトロイトモーターショーで世界初公開した「LC500」(レクサス「LC500」を世界初公開。2017年春発売)のハイブリッドモデル。ガソリンエンジンモデルのLC500がパワートレーンに最高出力349kW(475PS)/7100rpm、最大トルク530Nm(54.0kgm)/4800-5600rpmのV型8気筒 5.0リッター「2UR-GSE」と10速ATを搭載するのに対し、最高出力220kW/6600rpm、最大トルク348Nm/4900rpmを発生するV型6気筒3.5リッターエンジンを搭載し、走行用モーターに有段ギヤの自動変速機構を組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムで、システム全体の最高出力264kWを実現している。

デトロイトでデビューしたLC500は赤だったが、LC500hは青
各部の作り込みが美しい
ハイブリッド表示はここに
インテリアも青をベースに構築
タイヤサイズは前245/40RF21・後275/35RF21と前245/45RF20・後275/40RF20を用意。装着タイヤはブリヂストンのランフラットタイヤ「ポテンザ S007」

 トヨタのハイブリッドシステムとしては、新型プリウスなどに搭載されているTHS II(参考記事:燃費40km/Lの実現を目標に開発された新型「プリウス」技術説明会)がよく知られているが、このLC500hではマルチステージハイブリッドシステムを搭載。エンジンからの出力を遊星歯車を使った動力分割機構により、MG1とMG2の2つに分割。その後の出力を2組の遊星歯車を使った4段の自動変速機構によってコントロールしている。

展示されたマルチステージハイブリッドシステム

 パワートレーンを担当するHVシステム開発統括部 HVシステム開発室 主査 大島康嗣氏に簡単なお話をうかがったところ、THS IIという名前にせずマルチステージハイブリッドシステムとしたのは、パワートレーン後段に2組の遊星歯車ユニットを持たせたためとのこと。このようにギヤを有段とすることで、より広いレンジをカバーでき、よりパワフルに走ることができるほか、エンジンの燃費のよい部分をワイドに使うことができ、燃費がよく、環境負荷の小さいエンジンとすることができる。また、アメリカで開催されたデトロイトショーでガソリンエンジンモデルを発表し、ヨーロッパでハイブリッドモデルを発表したのは、ハイブリッドモデルの拡販をヨーロッパで進めていくという思いがあるとのことだ。

マルチステージハイブリッドシステムのブロックダイヤグラム
トヨタ自動車株式会社 HVシステム開発統括部 HVシステム開発室 主査 大島康嗣氏
V型6気筒エンジン部
エンジン後部からモーターなどのユニットにつながる部分
エンジンからの出力は中央の動力分割機構に入り、遊星歯車によってMG1とMG2に振り分けられる
動力分割機構
MG1のコイル部。巻き線方式
MG2
MG2のコイル部。組み立て方式
左側がMG2。マルチステージのシステム名を象徴する2組の遊星歯車
リチウムイオンバッテリー

 別のスタッフにうかがったところ、遊星歯車を使った動力分割機構はCVTとしても動作するほか、3段の減速比へのステップコントロールを行ない、後段の4速ギヤと合わせて10速のMTモードを実現。後段の1速と動力分割機構の仮想1速で1〜3速を、後段の2速と動力分割機構の仮想2速で4〜6速を、後段の3速と動力分割機構の仮想3速で7〜9速を実現。10速は、後段の4速と動力分割機構で実現し、オーバードライブとして動作。燃費を極力抑えた走行に用いられるという。

 また、MG1とMG2ではモーターの種類が異なり、いずれも出力に寄与するほか回生(発電)を行なうものの、ドライバーの要求に応えて出力を出していくのはMG2になるとのことだ。

 機構は複雑になるものの、発進などは精密に回転角を制御できるモーターで対応。また、モーターでの走行レンジを拡大することで、静かな走行域も拡大していく。スムーズで静かな発進や巡航、エンジンの高効率領域を使った走行など、レクサスならでは世界を実現していくとのことだった。

(編集部:谷川 潔)