【最新ニュース】
メガウェブで見た! S800から始まるトヨタの歴代ハイブリッド車
「進化する!トヨタハイブリッドカー展」レポート

歴代プリウスやハイブリッド・コンセプトカーが勢ぞろい

2009年5月12日〜8月31日
入場無料



会場となるメガウェブ トヨタシティーショウケース

 アムラックストヨタが新型「プリウス」の発売を機に開始する「進化する!トヨタハイブリッドカー展」。アムラックス東京(東京都豊島区東池袋)とメガウェブ(東京都江東区青海)で開催されるが、メガウェブでは、新型プリウスの発表に先駆けて、昨日12日よりイベントがスタートしたので、さっそく会場に足を運んでみた。なお、アムラックス東京では、新型プリウス発表の翌日5月19日よりイベントを開始する。

 お台場にあるメガウェブはりんかい線「東京テレポート」駅からもゆりかもめ「青海」駅からも歩いてすぐ、ヴィーナスフォートの並びにある。駐車場も完備されているので、車でも電車でも気軽にアクセスできる。ハイブリッドカー展が開催されているのは、メガウェブの中のトヨタ シティショウケースの2Fになる。

 展示会場に入ると最初に目に飛び込んできたのは、カバーをかけられた新型プリウスだ。さらに2代目プリウス、初代プリウスと並び、その奥には、2代目をベースとして、出力アップを図り、サーキット走行向けのチューニングを施したプリウスGT、北米大陸を横断した初代ベースのエコミッション車と、アフリカ大陸・サハラ砂漠を縦断した2代目ベースのエコミッション車が並ぶ。
カバーがかけられた5月18日発表の新型プリウス 取材日の時点では現行モデルとなる2003年9月発売の2代目プリウス 1997年12月、世界初の量産ハイブリッドカーとして発売された初代プリウス
エンジン、モーターともに出力をアップし、最高出力107kw(145PS)/85km/h以上を発生するプリウスGT 初代ベースのエコミッション車 2代目ベースのエコミッション車

 向かい側の列には、プラグインハイブリッドや、1995年の東京モーターショーに参考出品されたプリウスといったコンセプトモデルが展示されていた。
家庭用コンセントから充電可能なプラグインハイブリッド
1995年の東京モーターショーに参考出品されたプリウスのコンセプトモデル

 そして記者の興味をもっとも引いたのが、1977年の東京モーターショーに参考出品された「トヨタ スポーツ800 ガスタービン・ハイブリッドカー」だ。これはガスタービンで発電機を回し、その電力を使ってモーターで駆動するというもの。コンパクトで軽量、かつ省エネルギーで低エミッションなガスタービン・エンジンを効率的に利用するために考案されたもので、高負荷時にエンジン燃費率が最大となり、低負荷時には急速に悪化するガスタービンを、負荷変動の大きい車で利用するために作られたハイブリッドシステムだと言う。プリウスなど現代のハイブリッドと異なり、エンジンは完全に発電機を回すためのもので、車の駆動力はすべてモーターに依存している。

 残念ながらあくまでコンセプトモデルということで、エンジンルームの中を見させてもらうことはできなかったが、ボンネットに大きなエアスクープが設けられたり、マフラーがなかったり、ミッションが2速になっていたりと、細部にノーマルとの違いを見ることができた。なお、資料によると、ボディー寸法や車重はノーマルと変わらず、出力は、ノーマルが52kw(71PS)なのに対し、ハイブリッドは22kw(30PS)となり、ミッションはノーマルが4速に対し、2速となっている。
トヨタ スポーツ800 ガスタービン・ハイブリッドカー ボンネットには巨大なエアスクープ。ガスタービンの吸気用か?
フロントから下回りを撮影。クロスメンバーの上あたりに「駆動モーター」と書かれたシールが見える。クロスメンバーの後ろ側に見える丸い部分がモーターの後端だろうか。その後ろにはミッションマウント用のステーが見える リアから下回りを撮影。マフラーはなくなっており、代わりに四角いボックスが見える。追加されたバッテリーだろうか?
ブラックで統一されたインパネ。後期モデルがベースだろうか ダッシュボードの下には、ノーマルにはないガスタービン制御用のものと思しきスイッチが並ぶ 中央に設けられた「TEX TEMP」メーターもノーマルにはないはずのもの。TEXとはタービンエキゾーストの意味だろうか
タコメーターは驚きの10万RPM シフトノブを見るとローとハイの2速のみとなっている ガスタービン・ハイブリッドの説明。ガスタービンを回すために、ジェット燃料を使用するのだと言う

 そのほかにも、「クラウン ハイブリッド」「エスティマ ハイブリッド」「ハリアー ハイブリッド」も展示されていた。
クラウン ハイブリッド エスティマ ハイブリッド ハリアー ハイブリッド

 なお、新型プリウスが発表される18日には、会場の新型プリウスにかけられたカバーも外されるとのこと。また、翌日からは試乗も行われると言う。新型プリウスの試乗も兼ねて、トヨタハイブリッドカー展に足を運んでみてはいかがだろうか?

【お詫びと訂正】記事初出時、「クラウン ハイブリッド」と「エスティマ ハイブリッド」の写真を入れ違えて掲載しておりました。お詫びして訂正させていただきます。

(編集部:瀬戸 学
2009513


 



Car Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。

Car Watch編集部 car-watch@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.