【最新ニュース】
新型プリウスで、東京〜鹿児島〜熊本の無給油燃費記録に挑戦
ギネス記録を持つ宮野滋氏や、由良拓也氏が本日6時にスタート

スタート地点である砧公園駐車場に集まった、燃費記録チャレンジを行う先代プリウス(プリウス・ユラスタイル)、新型プリウス、インサイトの3台

2009年6月7日出発



 低燃費走行のギネス記録を持ち、低燃費走行に関する本も著している宮野滋氏。その宮野氏が新型プリウスを購入し、新たなギネス記録に挑戦すると言う。ギネス記録への挑戦は7月22日スタートで九州を1周する形で行うが、そのプレイベントとして東京〜鹿児島〜熊本の無給油走行に挑むこととなった。

 出発は本日6時。5時ごろには宮野氏を応援する人々がスタート地点である砧公園駐車場(東京都世田谷区)に集まりはじめ、公園内の駐車場は新旧多くのプリウスが並ぶ状況に。また、この無給油走行には、レーシングカーの開発で知られるムーンクラフト代表取締役の由良拓也氏らも一緒に走り、無給油での1000mile=1609km超えを目指す。インサイトもこのチャレンジに同行し、新型プリウスと同条件での燃費を確認する(インサイトの目的地は山口県の壇ノ浦)。

 宮野氏は、「新型プリウスは5月29日に納車されたばかりで、まだ新型プリウスの燃費特性を完全に理解しているとは言えない」とし、これまでに培った低燃費走行のテクニックを駆使して走ると言う。

 宮野氏の新型プリウスは、無改造のノーマルモデル(グレードはL)だが、一緒に走る由良氏の先代プリウスは、紫電など空力に優れたレーシングカーを開発してきた由良氏オリジナルのパーツが随所に装着されたプリウス・ユラスタイル。フロントのアンダーガードをはじめ、リアのホイールハウスカバー、リアディフューザーなど、燃費に影響を与える空気抵抗の低減を図っている。

 この燃費記録チャレンジの模様は、由良氏のブログ「ゆらたく屋」で随時更新されていくので、このブログを確認してみてほしい。

 予定では、今日(6月7日)のお昼ごろには愛知県に入り、日付が変わるころには九州へと入る。鹿児島到着が月曜日の4時となっている。

新型プリスと宮野滋氏。タイヤは標準で付いてきたグッドイヤーのGT3。宮野氏は出発前に、エンジンオイル添加剤のMicrolon HYBRIDを入れていた。低燃費を狙うために、いつも使っているとのこと。ナンバーの2349は、現在のギネス記録である2348kmを超えるという意味が込められている
先代プリウスに独自のエアロパーツを取り付けたプリウス・ユラスタイルと由良拓也氏。プリウス・ユラスタイルの仕上がりは市販車と言ってもよいほど
出発前に記念写真。1台にドライバーが2人乗り、高速のSA(サービスエリア)で交代しつつ西を目指す 砧公園駐車場にずらりと集まった新旧プリウス。応援のために駆けつけた 砧公園を出発する由良氏
同じく砧公園を出発する宮野氏 公園を出発したが、公園近くのガソリンスタンドで満タンに。ここで満タンにした後は、熊本まで無給油で走ることになる。ジャッキを使って徹底的にガソリンを入れる ガソリンスタンドの店員さんは、LEDライトを使って満タンになったかどうか油面チェック。ちなみに新型プリウスのタンク容量は45L
一度満タンになったあと、由良氏がドアをつかんで新型プリウスをゆすり、確実にガソリンを入れていた 出発前の記念撮影。宮野氏が手に持っているのは自著の「ガソリン節約のための燃費の本―エコドライブが楽しく続けられる!」(三樹書房)。低燃費走行に関するテクニックがまとめられている プリウス・ユラスタイル、新型プリウス、インサイトの順に出発。環状8号を東名高速東京IC(インターチェンジ)へと向かう。気になる人はゆらたく屋ブログをチェック

 

(編集部:谷川 潔)
2009年 6月 7日


 



Car Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。

Car Watch編集部 car-watch@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.