【最新ニュース】
SUPER GT第3戦富士、エヴァンゲリオンレーシング登場
綾波レイ&式波・アスカ・ラングレー的レースクィーンも初披露

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ

2010年5月1日、2日開催



 5月1日、2日に富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)で開催されたSUPER GT第3戦で、以前よりCar Watchでもお伝えしていたエヴァンゲリオンレーシングがデビューした。マシンはエヴァンゲリオン初号機をモチーフにした「エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ」。それを駆るのは碇シンジのプラグスーツ風レーシングスーツをまとった嵯峨宏紀選手と、松浦孝亮選手。さらに綾波レイと式波・アスカ・ラングレーに扮したレースクィーン2人がチームを彩った。

 カーナンバー31を与えられたエヴァンゲリオンレーシング。ベースとなるのはaprというSUPRE GTでの経験も豊富なレーシングチームで、第2戦岡山では5位に入るなど、十分に勝てる戦闘力を持っている。エヴァンゲリオンレーシングは、このaprとラナ エンタテインメントがタッグを組んで実現したチームだが、この2者がタッグを組むのはこれが初ではない。2006年、2007年には「トイ・ストーリーレーシングチーム」として参戦し、2007年にはシリーズチャンピオンを獲得。2008年には、同じく、Disney/Pixarアニメーションの「カーズ」とタイアップしての「カーズレーシングチーム」として参戦している。

 ではなぜ今回エヴァンゲリオンをキャラクターに起用し参戦することになったのか。ラナ エンタテインメント代表取締役の鈴見純孝氏によれば、エヴァンゲリオンとそのパイロット、それらを支える特務機関NERV(ネルフ)が、SUPER GTに参戦するマシンやドライバー、チームの世界観に通じるものを感じたからだと言う。もちろん、5月26日に発売される「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のBlu-rayとDVDのプロモーションとしての意味も持つが、それはあくまで副産物的なものであり、企画自体はDVDの発売とは関係なく立ち上げたものだと言う。そのため、Blu-ray&DVD発売後の次戦以降も、チームは存続する。

 これまでにもキャラクターを使ったレーシングチームを企画してきた鈴見氏だが、レースというエンターテイメントと、アニメというエンターテイメントをクロスさせることで、それまでアニメにしか興味のなかった人へレースの楽しさを知ってもらい、逆にレースにしか興味のなかった人に、アニメを知ってもらう機会を作りたいと言う。そうした思いを実現する上で、ネルフのチーム体制で動くエヴァンゲリオンが、レースの世界にぴったりフィットしたのだ。

 実際、マシンのカラーリングは、エヴァンゲリオン初号機がクルマの形にトランスフォームしたような意匠に彩られる。ヘッドライトの部分が目であり、ルーフには角を想わせるエアインテーク、ダクト部分のカラーリングやリアのサイドディフューザー部分のテクスチャーなど、エヴァンゲリオン好きが見ればニヤリとするカラーリングになっている。また、ドライバーのレーシングスーツが劇中に登場するプラグスーツ風に仕立てられているところも注目だ。一方、綾波レイと式波・アスカ・ラングレーをモチーフにしたレースクィーンのコスチュームは、単なるコスプレにはせず、作品を知らない人でも楽しめるような、おしゃれな衣装にするなど、どちらのファンからも受け入れられる工夫が見受けられる。

エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ レースクィーンもエヴァンゲリオンの世界観を表現
マシンのカラーリングはエヴァンゲリオン初号機をモチーフにしたもの ヘッドライトが目のモチーフだ ホイールまでも初号期のカラーをあしらう
フロントフェンダー上部には「EVANGELION-01 TEST TYPE」の文字 ルーフ上部はエヴァンゲリオンを上から見たようなデザイン。エアインテークが角のイメージだ リアフェンダー後部のディフューザー部のテクスチャーはエヴァンゲリオンのすねの部分の模様
ダクト部分も内側が赤く彩られ、初号期らしいカラーリングだ 後部にはエヴァンゲリオンの背中に見立てたカラーリング エヴァンゲリオンレーシングのエンブレム
NERVのエンブレムも刻まれる 個人スポンサーに配られるカードも貼られていた ドライバーを務めるのは嵯峨宏紀選手と松浦孝亮選手
マシンはカローラアクシオベースだが、エンジンはミッドシップに搭載され後輪を駆動する 本来エンジンルームである場所には、ラジエターとステアリングラック、サスペンションなどだけが収まる
エンジンはミッドシップに搭載。ノーマルのカローラアクシオの面影はまったくと言っていいほどない
ブレーキは前後ともにAPレーシング製 エキゾーストパイプはセンターの1本出しだ
コクピット。いやエントリープラグと言うべきか シートはレカロ製。後方視界は皆無だ ドライバーを冷やすために電動ファンが取り付けられる
ピットボードもNERVのエンブレム。世界観はエヴァンゲリオンそのままだ ピット内もヱヴァンゲリヲン新劇場版に登場するキャラクターなどが描かれたボードが設置される
エヴァンゲリオン初号機の頭部も置かれていた ピット入り口に掲げられるエヴァンゲリオンレーシングのエンブレム

 また、チームでは「EVA RACING SUPPORTERS」という個人スポンサーの募集もしている。シルバー(1万2000円)、ゴールド(3万円)、ブラック(5万円)の3コースが用意され、コースによってキャップやTシャツ、ピンバッヂ、チームのレースクィーンコスチュームを着た綾波レイと式波・アスカ・ラングレーのフィギュア、リストウォッチなどの特典が用意される。また、レース日にはインターネットを通じて、レース中の順位やラップタイム、チームコメント、走行ポジションといった情報を配信するサービスが行われるのも興味深い。

 エヴァンゲリオンレーシングとしては初戦となった富士スピードウェイは、ハイスピードコースであり、コーナリングを得意とするエヴァンゲリオンRT初号機aprカローラにとってはあまり得意なコースではないとのことであったが、決勝では9位にランキングし、ポイントを獲得している。続く第4戦セパンや第5戦SUGOはコーナリングの特異なマシンに有利なコースであり、その活躍には期待が持てそうだ。

エヴァンゲリオンレーシングフォトギャラリー

エヴァンゲリオンレーシングのレースクィーン。綾波レイ風の白いコスチュームを着るのは水谷望愛さん。式波・アスカ・ラングレー風の赤いコスチュームは千葉悠凪さん
コスチュームの背中には綾波に“0”、アスカに“2”のナンバリングがされる ドライバーのレーシングスーツは碇シンジ風。背中には“1”のナンバリングがされる。写真左が嵯峨宏紀選手、右が松浦孝亮選手だ
キッズウォークではエヴァンゲリオンキャラクターのキーホルダーも配られた アスカ vs. シンジの図

(鈴木賢二)
2010年 5月 6日