【最新ニュース】
NEXCO中日本、東名高速 足柄SAに「EXPASA足柄」をオープン
11月28日までグランドオープン記念イベント開催

グランドオープンするEXPASA足柄

2010年11月25日オープン



 NEXCO中日本(中日本高速道路)と中日本エクシスは11月25日、東名高速上下線の足柄SA(サービスエリア)に、複合商業施設の「EXPASA足柄(エクスパーサ足柄)」をグランドオープンする。すでに多くの店舗が運営を始めているが、今回新たに4つの店舗が加わり、すべての施設がオープンすることになる。また、グランドオープンを記念して28日までの4日間、グランドオープンイベントを開催する。

 EXPASAとはサービスエリアやパーキングエリアを意味するPASAに「外へ」「超越」が語源となるEXCEED、EXCERIORのEXを付けた造語。これまでの通過点であったSAから、目的地となるようなSAにすることを目指していると言う。

 25日に新たにオープンするのは、上り線では宿泊施設と入浴施設を備えた「レストイン時之栖」と食事処の「レストラン時之栖」。下り線では食事処の「足柄の森レストラン」とえびせんべいの専門店「えび伝茶屋」の4店舗。これにより上り線で20店舗、下り線で24店舗となる。

上り線

上り線のEXPASA足柄 上り線の全体図。全20店舗が入る。緑色のエリアが今回オープンする部分 新規オープンするスペースでは野菜などの販売も行われていた
もともと足柄SA下りにはあった宿泊施設だが、今回リニューアルしてのオープンとなる ツインルーム。宿泊は1人5250円 シングルルーム。宿泊は1人6300円
和室は一番人気。1名で泊まると6300円だが、最大5名まで泊まれ、5名なら1人3500円 各部屋にシャワーとトイレがある
身障者ツインルームは、ベッドだけでなくトイレやシャワールームも身障者にあわせたものになっている
レストイン時之栖に併設される温浴施設「金時湯」。泊まらずにお風呂だけの利用も可能 地下から汲んだ足柄の水に炭酸を混ぜた炭酸泉 サウナもある
コインランドリー 休憩施設。すべてのシートにではないが、モニターが付いたシートもある
こちらは女湯。利用者が少ないので少し小さめ 脱衣所 女湯の休憩スペース
25日にオープンするレストラン時之栖 定食や丼もの、カレーなどに加え、静岡おでんも食べられる
すでにオープンしている物販コーナーも充実。地元のお店が多数出店しているので、地のものを買うことができる 伊豆のひものも売っていた
人気だという富士山メロン こちらも人気のたまごたっぷりん テレビでも取り上げられたと言う黒毛和牛牛めし
フードコートも充実していて、佐野実氏が手がけたラーメン屋さんや、本場四国で修行したといううどん屋さんなどいろいろある

下り線

下り線のEXPASA足柄。撮影日はオープン前のため、新店舗部分の入り口は一般の人は中に入れなくなっていた ほとんどのスペースはすでにオープンしている 下り線には24店舗が入る
新規オープンする足柄の森のレストラン オススメはヨーグル豚ハムの藁焼(1490円)とのこと 広くて落ち着きのある店内。この時期窓からは紅葉を見ることができた
新規オープンのえび伝 とてもたくさんの種類のえびせんを揃える すでにオープンしている、高速道路上では初となるインターネットカフェ
足柄の水を使った温浴施設「あしがら湯」 コインランドリーも併設 屋外テラスからは天気が良ければ富士山を望むことができる
バリエーション豊かなお店が並ぶ お土産コーナーも充実 地域ごとのお土産や、季節にあったお土産などが陳列される
静岡出身の高木虎之介さんが使ったインディカーが展示されていた そのそばにはクルマ関連のグッズが多数そろう
有名ブランドから地元のお店まで、バリエーションが豊かだ

 EXPASA足柄では地元の人にも利用してもらうため、外部の一般道からもアクセスできる駐車スペース「ぷらっとパーク」を用意。約40台が駐車でき、ガソリンスタンド以外のすべての施設を利用することができる。

一般道からアクセスできる駐車場のぷらっとパーク。左が上り線、右が下り線のもの

 愛犬家のための施設を充実させているのもEXPASA足柄の特長で、下り線には今回新たに大型犬向けのドッグランを追加している。さらにすでにオープンしているが、SAとしては初めて愛犬を同伴可能としたドッグカフェ「Huladog(フラドッグ)」もある。フラドッグでは、愛犬向けの食事も販売されるほか、隣には中・小型犬用のドッグランも併設する。

 上り線でも中・小型犬用のドッグランを設けたほか、レストラン「ロータスガーデン」のオープンテラス部では、愛犬を連れての食事もできるようになっている。また、上下線とも各所に愛犬を繋いでおけるポールが用意されている。

SAでは初のドッグカフェHuladog。下り線にある 犬用メニューも用意される
犬用のえさ箱やシーツなども用意される 犬向けのグッズも販売 すぐ隣には中・小型犬向けのドッグランも
こちらは少し外れた場所にある大型犬向けのドッグラン 大型犬向けだが小型犬も混じっていた ドッグランには遊具がいろいろ置かれている
上り線のドッグラン。こちらにもさまざまな遊具がある
おしっこポール ドッグランで汚れた足を洗うための水場。横にあるのはフンを捨てるためのゴミ箱 水やり場もある
ドッグランそばのオープンテラスでは一部エリアで愛犬を同伴することができる 犬のリードを繋いでおけるポールが、あちこちに設置されている

 足柄SAと言うと、地下200mからくみ上げた「足柄の水」も有名。富士山の高所に30年以上前に降った雪や雨でできた地下水だと言い、水を自由に持って帰ることができるほか、EXPASA足柄のレストランなどでも使われている。

以前からあった足柄の水は現在も利用できる。ボトルを持参して来る人がたくさん見受けられた 上り線からも天気がよければ富士山を間近に見ることができる

 グランドオープンイベントでは、期間中の4日間、足柄SAでのお買い上げレシート1000円ごとにネットへのたまご詰め放題を行う。下り線では10時30分から行い先着100名(平日は50名)、上り線では13時30分からで先着150名(平日は100名)までとなる。また27日には下り線で和太鼓やハンドベル、ピアノ演奏などが行われる足柄音楽祭を開催。28日には上り線でジャズ生演奏や尺八演奏を行う。

(瀬戸 学)
2010年 11月 25日