【最新ニュース】
独ダイムラーAG、災害支援車両としてメルセデス・ベンツ「ウニモグ」など50台提供

2011年4月12日発表



 独ダイムラーAGは4月12日、東日本大震災の災害支援車両として、同グループの日本法人である三菱ふそうトラック・バスおよびメルセデス・ベンツ日本のトラックやオフロード車など50台を提供すると発表した。これらの車両は日本財団を通じ、被災地域の自治体、NPOなどによる救援活動や復興活動に活用される。

 提供される車両は、三菱ふそうの小型トラック「キャンター」30台、メルセデス・ベンツのオフロードトラック「ゼトロス」8台、多目的作業車「ウニモグ」4台、オフロード車「Gクラス」8台。メンテナンスはそれぞれ三菱ふそう、メルセデス・ベンツのサービス拠点で行う。メルセデス・ベンツの20台の車両は、4月16日までにドイツ シュツットガルト空港から2機のアントノフ124型輸送機で成田国際空港に空輸、計50台の車両は2週間以内に被災地で活用されると言う。

キャンター ウニモグ
ゼトロス Gクラス

 これらの車両の総額は400万ユーロ相当(約4億8000万円)。なお、ダイムラーの経営陣および共同労使協議会は共同で募金キャンペーンを開始しており、ドイツ国内では、これまでのところ1万人以上の従業員がこのキャンペーンに賛同し、50万ユーロ超(約6000万円)の募金が集まっている。この募金はドイツ赤十字社を通じて日本赤十字社に送られ義援金として被災された人々に送られる。

(編集部:谷川 潔)
2011年 4月 12日