【最新ニュース】
マツダ、新型SUV「CX-5」をフランクフルトショーでワールドプレミア
2リッターガソリン、2.2リッターディーゼルを搭載

新型SUV「CX-5」

2011年9月13日〜25日(現地時間)



 マツダは8月2日、2011年フランクフルトモーターショー(会期:9月13日〜25日)において、新型コンパクトクロスオーバーSUV「マツダ CX-5」を世界初公開すると発表した。CX-5の市販モデルは、2012年初頭にグローバルに販売展開する予定。

 同社はSUVモデルとして大型の「CX-9」、中型の「CX-7」を持っており、CX-5はもっともコンパクトなモデルに位置づけられる。

 動きを表現するデザインテーマの「魂動(こどう)−Soul of Motion」と、新世代技術「スカイアクティブ」の双方を取り入れる、市販車として初のモデルとなる。

 スカイアクティブ技術としては、直列4気筒DOHC 1.3リッター直噴ガソリンエンジン「スカイアクティブ-G 1.3」を搭載したデミオ「13-SKYACTIV」がすでに市販化されているが、CX-5ではエンジンのほかトランスミッション、ボディー、シャシーのすべてにスカイアクティブ技術を採用する。

 今回発表するCX-5は欧州仕様で、エンジンは直噴ガソリンエンジン「スカイアクティブ-G 2.0」と、スタンダードパワー、ハイパワーの2つのバリエーションを持つディーゼルエンジン「スカイアクティブ-D 2.2)」を搭載。とくにスカイアクティブ-D 2.2では、CO2排出量120g/km以下という、同クラスのSUVとして突出した環境性能を目指す。

 また、「Mazda3(日本名:アクセラ」のマイナーチェンジ版も欧州で初公開。CO2排出量を低減し環境性能を高めたほか、スポーティで安定感のある走行性能、内外装のデザインおよび質感をさらに進化させたとしている。

(編集部:小林 隆)
2011年 8月 2日