【最新ニュース】
ホンダ、東京モーターショーでEVの2輪・汎用製品も公開
電動モビリティ「MOTOR COMPO」「E-CANOPY」「RC-E」「TOWNWALKER」

かつての小型バイク「モトコンポ」を彷彿とさせるコンパクトEVコミューター「MOTOR COMPO」

2011年11月10日発表



 本田技研工業は11月10日、「第42回東京モーターショー」(一般公開日:12月3日〜11日)の出展概要を発表した。

 4輪では次世代プラグインハイブリッド車の「AC-X」、電動シティコミューター「MICRO COMMUTER CONCEPT」、次世代EVスポーツモデル「スモールスポーツ EVコンセプト(仮称)」の3台をワールドプレミアするのは既報(http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20111110_489706.html)のとおりだが、2輪および汎用製品でもコンパクトEVコミューター「MOTOR COMPO」、3輪スクーターにEVシステムを搭載した「E-CANOPY」、250ccクラスのコンパクトな車体のスポーツバイクをEV化した「RC-E」、タウンモビリティ「TOWNWALKER」の4台の電動モビリティを公開する。

MOTOR COMPO
 EVならではのクリーンなデザインを採用したEVコミューター。930×489×957mm(全長×全幅×全高)というコンパクトなサイズとし、かつての「モトコンポ」がシティに搭載できたように、MOTOR COMPOも電動シティコミューター「MICRO COMMUTER CONCEPT」への積載を可能にしている。さらに立てて保管することもできる。

 バッテリーは取り外し式で、非常時の携帯用電源としての用途も見込まれる。

MOTOR COMPO

E-CANOPY
 同社独自のスリーター(3輪スクーター)にEVシステムを搭載した、次世代コミューター。防風、防雨、防塵効果を発揮するキャノピーを装備し、さらにビルトイン可能なリアトランクを採用することでパーソナルユースのみならずビジネスユースでの活用も見込まれる。

 ボディーサイズは1600×720×1680mm(全長×全幅×全高)、ボックス装着時の全長は1770mmとなる。

E-CANOPY

RC-E
 走る歓びを追求したというEVスーパースポーツ「RC-E」の外観は、同社のスポーツバイクの原点と言えるレーシングマシン「RC」をモチーフにした。

 バッテリーは従来の燃料タンク位置と車体下部にレイアウトされ、さらにモーターをスイングアームピボットの同軸とすることで、マスの集中化を徹底したと言う。

 ボディーサイズは2010×625×1120mm(全長×全幅×全高)。

RC-E

TOWNWALKER
 「誰もが街中で移動を楽しめる」をコンセプトとし、同社の電動カート「モンパル」の開発コンセプトをさらに進化させ、開放感と軽快さをプラスした。

 骨格にはアクリルやアルミを採用し、シンプルで軽快なデザインを追求したと言う。また、ステアリング部とシート部は折り畳むことができ、クルマへの積載も可能にしている。

TOWNWALKER

(編集部:小林 隆)
2011年 11月 10日