【最新ニュース】
マツダ、「CX-5」に低速域用自動ブレーキとAT誤発進抑制機能を搭載

CX-5 SCBS搭載車

2012年2月13日発表



 マツダは2月13日、今春発売のクロスオーバーSUV「CX-5」に、新開発の自動ブレーキシステム「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」を搭載すると発表した。

 SCBSは車速約4〜30km/hの低速域で衝突回避を支援し、被害を軽減する自動ブレーキ。フロントウインドー上端のレーザーセンサーで先行車や障害物を検知し、衝突の危険が高いと判断すると、ブレーキの遊びを詰めてブレーキ操作を素早くできるようにする。また、ドライバーが回避操作をしなかった場合は、自動ブレーキを作動させ、エンジン出力を抑える。

 また、「AT誤発進抑制制御」も備える。これは駐車場でのペダルの踏み間違えによる事故を防ぐもので、レーザーセンサーで前方に障害物が検出されているときに、必要以上にアクセスを踏み込むと、警報音とメーター表示で注意を促し、エンジン出力を抑えることで急発進を防ぐ。

 CX-5は新世代車両設計コンセプト「スカイアクティブ」を、ボディー、エンジンなどすべてに採用した初の車両。クリーンディーゼルエンジン搭載車が国内でも発売されるほか、新樹脂材料を使用したクラス最軽量のバンパーを装備することが明らかにされている。

SCBSの作動イメージ。フロントウインドー上端のレーザーセンサーで先行車などを検知し、ブレーキを制御する

(編集部:田中真一郎)
2012年 2月 13日