【最新ニュース】
国交省、5月1日より自動車重量税の税額を変更
エコカーとエコカー以外で異なる税額に

2012年5月1日より実施



 国土交通省は、5月1日より実施する自動車重量税の変更について発表した。この重量税の変更は「平成24年度税制改正」に伴うものになる。

 新たに導入される重量税では、エコカー免税・減税対象車と非対象車で税額を変更。エコカー免税・減税対象車2012年(平成24年)5月1日〜2015年(平成27年)4月30日までの新車新規検査であれば、それぞれ免税・減税となるが、それ以降も異なる税額が適用されていく(免税車の場合は、免税→50%減税という流れになる場合もある)。

 一般的な乗用車が属すると思われる車両重量3t以下、2年自家用の税額を掲載しておく。

車両重量 エコカー減免適用 エコカー減免適用なし
  免税 75%減 50%減 エコカー エコカー以外(13年以下) エコカー以外(13年経過) エコカー以外(18年経過)
0.5t以下 免税 1200円 2500円 5000円 8200円 1万円 1万2600円
〜1 免税 2500円 5000円 1万円 1万6400円 2万円 2万5200円
〜1.5 免税 3700円 7500円 1万5000円 2万4600円 3万円 3万7800円
〜2 免税 5000円 1万円 2万円 3万2800円 4万円 5万400円
〜2.5 免税 6200円 1万2500円 2万5000円 4万1000円 5万円 6万3000円
〜3 免税 7500円 1万5000円 3万円 4万9200円 6万円 7万5600円

 そのほか、詳細な税額や適用条件については、国交省のWebサイト(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000029.html)を参照のこと。

【お詫びと訂正】記事初出時、税額が誤っておりました。お詫びして訂正します。

(編集部:谷川 潔)
2012年 4月 2日