【最新ニュース】
日産、フラッグシップセダン「シーマ」発売
フーガ同様のハイブリッドシステムを搭載し、JC08燃費は16.6km/L

新型シーマ

2012年5月21日発売
735万円〜840万円



 日産自動車は、フラッグシップセダン「シーマ」を5月21日に発売する。価格は735万円〜840万円。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
ハイブリッド V型6気筒 DOHC 3.5リッター+モーター 7速ハイブリッドトランスミッション 2WD(FR) 7,350,000円
ハイブリッド VIP 7,875,000円
ハイブリッド VIP G 8,400,000円

 グレードは「ハイブリッド」「ハイブリッド VIP」「ハイブリッド VIP G」の3モデルで、シート地のほか、前席エアコンディショニングシート、前席シートバックグリップベルト、後席ヒーター付きシート、後席テンションリデューサーELR付3点式シートベルト(左右席)の有無(ハイブリッド VIP、ハイブリッド VIP Gはすべて標準装備)など、主に内装面での違いで差別化が図られている。

 新型シーマのアピールポイントは、「走行性能と環境性能を高次元で両立したハイブリッド」「シーマらしい、車格感あるデザイン」「圧倒的に広く、心地よい後席空間」の3点。

 いずれもフーガハイブリッドと同様のV型6気筒 DOHC 3.5リッターガソリンエンジンと、エンジン・トランスミッションを2つのクラッチで接続する1モーター2クラッチのパラレルハイブリッドシステム「ピュア ドライブ ハイブリッド」の組み合わせで、バッテリーにはリチウムイオン電池を採用する。

 これにより、先代モデルで搭載していたV型8気筒 4.5リッターエンジンが最高出力280PS、10・15モード燃費8.0km/Lだったのに対し、エンジンの最高出力は225kW(306PS)6800rpm、最大トルクは350Nm(35.7kgm)/5000rpm。モーターの最高出力は50kW(68PS)、最大トルクは270Nm(27.5kgm)、10・15モード燃費も18.8km/Lと、飛躍的に向上した。

 一方、ボディーサイズは5120×1845×1510mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース3050mmと、全長および全幅は先代と同等ながら、全高は20mm高く、ホイールベースは180mm伸び、フラッグシップに相応しいサイズとした。エクステリアでは、立体的なフロントグリルやメッキモールをあしらったフロントバンパーにより存在感を高めるとともに、サイドビューは伸びやかでエレガントさを強調する仕上がりになった。ボディーカラーは全5色を設定する。

 足まわりでは路面からの入力に応じ、2つのピストンで減衰力をコントロールする「ダブルピストンショックアブソーバー」を採用したほか、タイヤには特殊吸音材を内部に取り付け、走行時のロードノイズや共鳴音を吸収する、ダンロップと共同開発した特殊吸音構造タイヤの初採用、エンジン回転数に同期して発生する不快なこもり音に対し、逆位相の制御音を出力するアクティブノイズコントロールを採用するなど、乗り心地の向上とノイズ低減が行われている。

 インテリアではセミアリニン本革シートや、職人が純銀粉を手ですり込む特殊加工により木目を華やかに際立たせる「銀粉本木目フィニッシャー」、シートクッションやシートバックから暖気/冷気を吹き出す「エアコンディショニングシート」、後席のパワーリクライニングシートなどをハイブリッド VIP、ハイブリッド VIP Gに標準装備。

 また、後席は3mを越えるロングホイールベースによりクラストップレベルを誇る後席ニールームを実現したほか、後席読書灯、後席パーソナルランプ&照明付きバニティミラー、リア/リアドア電動サンシェード、リアドアオートクロージャー機能など、快適性を高める装備を満載する。

 さらに後席からオーディオ、エアコン、シートなどの操作が可能な「リアセンターアームレスト内蔵コントロールスイッチ」をハイブリッド VIP、ハイブリッド VIP Gに標準装備するほか、ハイブリッド VIP Gは計16個のスピーカーと、14のパワーアンプからなる「ボーズ5.1ch サラウンド・サウンドシステム」を装備。同システムでは、前席ヘッドレストの後部に高精細7インチVGAディスプレイを搭載し、後席からクリアな映像を視聴できる。

 なお、新型シーマでは製造品質の向上を図るため、塗装工程では「匠」と呼ばれる熟練者が中塗り後に生産ラインから外し、専用の特別室で1台1台手磨きをしたり、検査工程では特別な資格を持つ検査員がすべての車両に品質検査をしたりするほか、走行試験ではテストコースで検査員が2名体制(通常は1名体制)で走行や操舵フィーリングの評価試験や、内装のきしみ音などがないかチェックするなど、特別な取り組みが行われている。


主要諸元
乗車定員 5名
駆動方式 2WD(FR)
全長×全幅×全高 5120×1845×1510mm
ホイールベース 3050mm
トレッド(前/後) 1570/1565mm
重量 1950kg(ハイブリッドは1930kg)
エンジン V型6気筒DOHC 3.5リッター
エンジン最高出力 225kW(306PS)/6800rpm
エンジン最大トルク 350Nm(35.7kgm)/5000rpm
モーター 交流同期電動機
モーター最高出力 50kW(68PS)
モーター最大トルク 270Nm(27.5kgm)
トランスミッション 7速ハイブリッドトランスミッション
10・15モード燃費 18.8km/L
JC08モード燃費 16.6km/L
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤ(前/後) 245/50 R18

(編集部:小林 隆)
2012年 4月 25日