【最新ニュース】
日産、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を「セレナ」に搭載
8月に発売し、JC08モード燃費はクラスNo.1という15.2km/L

スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を搭載する「セレナ」

2012年7月18日発表



 日産自動車は7月18日、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を8月に発売する「セレナ」に搭載すると発表した。

 セレナは、同社のベストセラーミニバン。2011年のミニバン販売台数でも1位となっている。

 今回新たにセレナに搭載されるスマートシンプルハイブリッドは、現行のECOモーター式アイドリングストップシステムをベースに、ECOモーターの容量を最大150Aから200Aへと拡大。エネルギー回生発電量と出力を高めて補助原動機化している。合わせて蓄電容量を高めるため、主バッテリーとは別にサブバッテリーをエンジンルームに追加している。

スマートシンプルハイブリッドシステムは、すべてエンジンルームに収まる
低燃費タイヤを装備 スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)バッヂ

 このスマートシンプルハイブリッドは、すべてのシステムをエンジンルームに収めており、セレナの特長であるクラス最大の室内空間やシートアレンジはそのままに、クラスNo.1の低燃費(15.2km/L: JC08モード燃費。2WD)を実現しており、自動車取得税と重量税が免税となるほか、セレナは全車がエコカー補助金の対象となる。

1列目シートまわり メーターパネル
3列目シート。バイブリッド車になってもその容積や使い勝手は変わらない

(編集部:谷川 潔)
2012年 7月 18日