【最新ニュース】
伊ランボルギーニ、「アヴェンタドール」に気筒休止とアイドリングストップ

2012年9月27日(現地時間)発表



 伊アウトモビリ・ランボルギーニは27日(現地時間)、フラッグシップスポーツカー「アヴェンタドール LP 700-4」の2013年モデルに、シリンダー休止システムとスタート/ストップ・システムを搭載したと発表した。

 シリンダー休止システム「CDS」は、135km/h以下で負荷が少ないとき、V型12気筒エンジンの片側バンクを休止させ、直列6気筒エンジンとして動作させることで、環境性能を向上させるシステム。

 スタート/ストップ・システムは、「スーパーキャップス」と呼ばれるコンデンサーから再始動のエネルギーを供給する。180ミリ秒で再始動でき、重量も軽減された。

 これらにより、平均燃費は7%向上し、高速走行時の燃費と排出ガスは約20%削減sなれたとしている。

 このほか、スプリングをより硬くし、ダンパーを最適化したことでハンドリングの正確さと乗り心地を向上したほか、新デザインの鍛造アルミホイールを設定した。

(編集部:田中真一郎)
2012年 10月 2日