ニュース

祝F1開幕!! インターネット放送「フジテレビNEXTsmart」でF1ライブ中継を見てみた

テレビ放送に比べて遅延がほとんどない「フジテレビNEXTsmart」の本気度

 2013年の3月ごろまでは、F1の生中継と言えばテレビ放送を指し、インターネット経由で見ることはできなかった。2013年の半ばにソフトバンクの子会社であるTVバンクが「Formula 1 on Zume」というサービスの提供を開始し、F1中継の楽しみ方の幅が広がりつつあった。残念ながら2014年はFormula 1 on Zumeのサービスは終了してしまったが、過去27年にわたりF1のテレビ中継を行ってきたフジテレビが、新しいインターネットでの放送として「フジテレビNEXTsmart」を2014年3月14日に開局したことで、これまではCS放送でのみ流されていたF1のライブ中継が、インターネット経由で視聴することが可能になった。

 本記事ではそうしたフジテレビNEXTsmartによるF1ライブ中継の楽しみ方を、オーストラリアGPのフリー走行視聴を例に、お届けする。テレビ放送にはない特徴の1つである見逃し配信は、予選と決勝のみが対象なので現時点で試せていないが、フリー走行の中継をインターネット経由で視聴して分かったことは、テレビ放送に比べても遅延が小さく、テレビ放送でおなじみの解説陣の解説を聞きながらライブ中継を見ることができ、非常に快適な環境を実現できているということだ。

キャリア課金ならフジテレビ・オンデマンド、NEXTも楽しむならスカパー!オンデマンド

 フジテレビNEXTsmartは、2つのサービスプロバイダから提供されている。1つはフジテレビ自身が運営するフジテレビオンデマンドであり、もう1つがBS/CSの衛星放送サービスを提供するスカパー!が運営するスカパー!オンデマンドだ。どちらのサービスも、インターネットという公衆回線を通じて動画をストリーム配信(サーバーとクライアントを直接接続して、データをながしてく配信方法のこと、データはクライアント側には残らない)するという基本的な仕組みは一緒なのだが、詳しい仕様は若干異なっている。

図1:フジテレビ・オンデマンドとスカパー!オンデマンド

 F1の場合は、FOM(Fomula One Management)の撮影クルーが国際映像と呼ばれる共通の映像を作成し、それを世界各国のテレビ局に配信し、各国のテレビ局はそれに音声の解説などをつけて放送する。フジテレビNEXTのCS放送の場合には、国際映像に、現地の解説陣(今宮純氏や川井一仁氏)の音声と、フジテレビのスタジオにいるアナウンサーと解説陣の音声をミックスして、フジテレビNEXTのライブ映像として流している。フジテレビ・オンデマンドにせよ、スカパー!オンデマンドにせよ、このフジテレビNEXT用に作られたテレビ放送のデータを、テレビ局内などに設置されているサーバー上でインターネットに配信することができる形式に変換して、インターネットに接続されている配信サーバーから、各ユーザーのクライアント(PC、スマートフォン、タブレットなど)に配信する形となっている。

 この時、フジテレビ・オンデマンド、スカパー!オンデマンド共に、配信されるストリーム動画の形式は、AdobeのFlashという形式になる(Flash形式を再生するにはFlash Playerと呼ばれる再生ソフトウェアが必要になるが、最近のWebブラウザには最初からFlash Playerが導入されているモノが多い)。また、スカパー!オンデマンドではスマートフォンやタブレットで再生できる別形式での配信も行われており、Webブラウザから動画再生ソフトを利用することで、再生することができる。利用できる端末はスカパー!オンデマンドのWebサイト(https://vod.skyperfectv.co.jp/feature/environment/)に掲載されているので、自分が利用する端末がここに入っているかをチェックするといいだろう。また、フジテレビ・オンデマンドではAndroidとiOS向けに、専用の再生アプリを用意しており、それぞれGoogle Playストア、iTunesストアからダウンロードしてインストールすれば利用できる。

 こうした状況をまとめると以下のようになる、自分が利用しているPC、タブレット、スマートフォンのOSがなんであるのかをよく見て、対応しているかどうかをチェックしてほしい。

●フジテレビ・オンデマンドとスカパー!オンデマンドの違い

フジテレビ・オンデマンド スカパー!オンデマンド
Flash Player 専用アプリ Flash Player ブラウザ+再生アプリ
Windows/Mac OS Internet Exploere8以降/Firefox/Safari - Internet Exploere8以降/Firefox/Safari
Android - -
iOS - -
決済手段 クレジットカード/ドコモケータイ払い/au簡単決済/MySoftbankなど クレジットカード
ビットレート 2Mbpsないしは500kbps 非公開

 決済方法(料金の支払い)についても注意する必要がある。クレジットカードがあれば、どちらの方法でも問題なく利用できるのだが、クレジットカードがない場合には、スカパー!オンデマンドは利用することができない。これに対して、フジテレビオンデマンドの場合には、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの各携帯電話キャリアの支払いと合わせて利用することができる(このほかにも、楽天ID、OCN IDでも支払いが可能)。クレジットカードを持っていないユーザーであれば、フジテレビ・オンデマンドが第1候補になるだろう。

 なお、スカパー!オンデマンドの場合には、すでにスカパー!のCS放送"フジテレビNEXT"を利用している視聴者は、Myスカパー!というCS放送の契約を管理しているスカパー!のIDとスカパー!オンデマンドのIDをリンクさせると無料でフジテレビNEXTsmartを視聴することができる。スカパー!オンデマンドのIDを登録する際に、Myスカパー!のIDを合わせて登録しておくのを忘れないようにしよう。

 配信はインターネット経由で行われることになるので、それなりの速度の回線が必要になる。必要となるインターネットの回線の速度だが、フジテレビ・オンデマンドの場合動画のビットレートが2Mbpsか、500kbpsとなっている。スカパー!オンデマンドの回線速度は明らかにされていないが、おそらく同程度と考えられるので、下りの速度が2Mbpsを超えているインターネット回線があれば快適に利用でき、そこに達しない場合には最低でも500kbpsを超えていれば視聴できるということになる。

フジテレビ・オンデマンドを利用するにはフジテレビIDを作成する必要がある
会員登録の方法は決済方法によって異なっている

テレビ放送からほとんど遅延がなかったスカパー!オンデマンド、映像品質はウインドウで見るのに丁度よい

 どちらのサービスも視聴するには、アカウントを取得し、それを利用してサービスにログインする必要がある。PCを所有している場合には、それぞれのWebサイトにアクセスし、新規登録を行えばよい。

フジテレビ・オンデマンド
http://fod.fujitv.co.jp/s/
スカパー!オンデマンド
https://vod.skyperfectv.co.jp/

 3月31日までは体験期間中となるので、スカパー!オンデマンドに関しては会員登録を行えば無料でフジテレビNEXTsmartを視聴することができる。これに対して、フジテレビ・オンデマンドに関しては、会員登録しただけではダメで、最低でも何か1つの視聴コースに登録している必要がある。最も安価なのは月額315円の「月額300ポイントコース」になるので、3月中はこのコースに加入しておけば、フジテレビNEXTsmartを視聴できる(なお、この月額300ポイントコースは自動継続されるので、必要がなければ3月末で契約を解除する必要がある)。4月1日以降は、スカパー!オンデマンドでも、フジテレビ・オンデマンドでもフジテレビNEXTsmartの通常料金となる1296円のコースを契約しなければ視聴できないので、体験期間終了後も体験したい場合には注意したい。

 すでに述べたとおり、スカパー!CS放送のフジテレビNEXTを契約している(4月1日以降に契約したユーザーももちろん含まれる)ユーザーは、Myスカパー!のIDと、スカパー!オンデマンドのIDをリンクさせておくことで、フジテレビNEXTsmartを無料で視聴することができる。スカパー!のCS契約と、スカパー!オンデマンドの契約は、それぞれ別のアカウントとして存在しているので、スカパー!の契約をしているB-CASカードを挿入している自宅のHDDレコーダで録画しながら、出張先のホテルでPCからスカパー!オンデマンドのアカウントを利用してインターネット視聴するという使い方ももちろん可能だ。

 ただし、スカパー!オンデマンド、フジテレビ・オンデマンドとも、配信権の地域制限のため、日本国内のIPアドレスからアクセスしている端末からのみ再生できる仕様になっている。このため、出張や旅行で海外にいる際には、フジテレビNEXTsmartでF1のライブ中継などを楽しむことはできないので注意したい。

 さてF1視聴に関してだが、3月14日に待望の第1戦オーストラリアGPが開幕した。そのオーストラリアGPのフリー走行1回目を、フジテレビ・オンデマンドのアカウントを利用してWindows 8.1のWebブラウザ(Internet Explorer 11)とAndroidスマートフォン(NTTドコモ SO-04E、ソニーモバイル Xperia A、Android 4.2)で、スカパー!オンデマンドのアカウントを利用してWindows 8.1のWebブラウザ(Internet Explorer 11)で試してみた。映像比較用として、テレビでCS放送のフジテレビNEXTを同時に視聴している。なお、筆者宅のネット環境は光回線(100Mbps)で、実効速度で50Mbpsは超える。

 AndroidスマートフォンにはGoogle Playストアから2つのアプリケーションを導入している。1つはフジテレビオンデマンド(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fujitv.FOD&hl=ja)で、もう1つが再生アプリ(フジテレビオンデマンド専用、https://play.google.com/store/apps/details?id=air.jp.co.fujitv.fodviewear&hl=ja)となる。両方を入れておかないと、動画を再生できないのでインストールしておきたい。

 最初に驚かされたのが、スカパー!オンデマンドの遅延がテレビ放送に比べてほとんどないところだ。実際にはコンマ数秒(つまり0.x秒)程度のズレはあるのだが、音声を両方流してみてもほとんど同じに聞こえており、心持ち遅れているかなという程度だった。すでに説明したとおり、インターネットでのストリーム配信は、テレビ局などから配信された映像を、サーバー上でネット配信できる形式に変換(エンコード)しながら配信されている。その変換に若干のタイムラグがあって、ライブよりも若干遅れるのだが、スカパー!オンデマンドに関してはほぼ遅延が無いという状態だった。

 これに対して、フジテレビ・オンデマンドで視聴した場合には、テレビ放送に比べて約1秒程度の遅延があった。これはWebブラウザで見た場合でも、スマートフォンの専用視聴アプリケーションで見た場合でも同様で、スマートフォンアプリケーションなどクライアント側の問題ではなく、フジテレビ・オンデマンドの動画変換がスカパー!オンデマンドのそれに比べてやや遅めであるためだと推測できる。F1中継などの場合には、F1公式Webサイト(http://www.formula1.com/live_timing/#)のライブタイミングを利用して各車のタイムなどを参考にしながら見ているユーザーも少なくないと考えられるので、この遅延はちょっともったいない気がする。スカパー!オンデマンドに遅延がほとんどないことを考えるとサーバー側の改良で改善できると思われるので、ぜひフジテレビ・オンデマンドには改善を望みたいものだ。なお、どちらのサービスを利用した場合でも、筆者宅の環境では1度も映像が止まったり途切れることはなかった。

 動画のクオリティに関してはどちらのサービスも大きくは変わらないように見えた。映像に関しては13.3型フルHD(1920×1080ドット)の液晶ディスプレイで確認していたのだが、フル画面にするとやや粗さが目立って見えた。どの程度の解像度の映像が流されているか明らかではないが、ぱっと見ではSD(640×480ドット程度)の解像度に近いと思えた。そうした意味では、フルHDのテレビにPCをつないで見たいという用途などにはあまり向いていないだろう。あくまでPCのウインドウの中で見るのに適した画質と考えたほうがよく、フルHDのテレビなどで見たいのなら、CS放送のフジテレビNEXTを契約して見たほうがよい。

フジテレビ・オンデマンドで体験視聴するにはいずれかの有料コースに入っていなければならない。300円コースが安価なので、筆者はこのコースで体験視聴することにした
スカパー!オンデマンドでフジテレビNEXTsmartを表示しているところ。右の上から5列目にあるチャンネルから選択というメニューからフジテレビNEXTsmartを選べばよい。視聴できるようになっていれば、画面のように黄色い視聴ボタンが登場する
スカパー!オンデマンドでフジテレビNEXTsmartを視聴しているところ。映像はフジテレビNEXTで放送されているモノとまったく同じ。映像と操作パネルだけのウインドウ表示になるので、コンパクトで見やすい
こちらはフジテレビ・オンデマンドで見ているところ。普通のWebブラウザの中に表示されるスカパー!オンデマンドほどは洗練されていない表示だが、映像だけの全画面表示にはできる
左のスカパー!オンデマンドと右のフジテレビオンデマンドを同時に表示しているところ。若干だがフジテレビオンデマンドが遅れている表示であることが分かる。だいたい1秒程度、フジテレビ・オンデマンドのほうが遅かった
Google Playマーケットより必要なアプリをインストールする
フジテレビ・オンデマンドにフジテレビIDを利用してログインする
番組からフジテレビNEXTsmartを探して再生する
Androidのプレイヤーでライブ放送を見ているところ。画面のクオリティはSD解像度程度だった

F1公式アプリと組み合わせて視聴すると、よりF1中継を楽しむことができる

 フジテレビNEXTsmartのF1中継は、フジテレビNEXTでのF1中継映像(国際放送+フジテレビの解説陣による音声)がそのまま流されているだけで、昨年のFormula 1 on Zumeで提供されていたような、好きなドライバーのオンボードビデオ、ピットレーン映像など、ユーザーが好みで別の映像を選択する機能などは用意されていない。この点はFormula 1 on Zumeに比べると退化と言える部分だが、その替わりとして日本のファンにはお馴染みの解説陣(今宮純氏、川井一仁氏、小倉茂徳氏など)による日本語解説という非常に重要な機能が追加されている点、さらにはFormula 1 on Zumeがかなり大きな遅延があったのに対して、スカパー!オンデマンドではほとんど遅延がなく楽しむことができる点などは逆にアドバンテージと言える。

 なお、Zumeで実現していた機能(車の位置やラップタイムなど)を補いたいのであれば、AndroidやiOS向けに用意されているF1の公式アプリを利用すればよいだろう。すでにAndroid版とiOS版が用意されており、それぞれGoogle Playストア(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.softpauer.f1timingapp2014.basic)、iTunesストア(https://itunes.apple.com/us/app/official-f1-app/id835022598?mt=8)からダウンロードして利用することができる。従来の公式アプリでは、アプリ自体が無料版と有料版に別れていたが、2014年の公式アプリは、アプリは一緒だが、プレミアム機能(ライブタイミング、チームラジオ、DRSインジケータ、タイヤ選択など)は有料になっており、ストア内課金と呼ばれるGoogle PlayストアないしはiTunesストアの決済機能を利用した有料機能を購入する必要がある。Google Play、iTunesストアともに1100円でプレミアム機能を購入することができる。

 Zumeと同じように車両位置やライブタイミングなどを見ながら楽しみたい場合には、PCで映像を見ながら、AndroidやiOSのスマートフォンやタブレットで公式アプリを表示しながら視聴するとより楽しめるのではないだろうか(なお、余談だが今年からPC向けの無料ライブタイミングは区間タイムが表示されなくなるなど、機能が少し減っているので、AndroidやiOSの公式アプリが圧倒的にお勧めだ)。

 筆者個人のお勧めのF1視聴は、CSのフジテレビNEXTを契約して、基本は大画面テレビで視聴し、どうしても外出先で見ないといけない時などに、WiMAXやLTEなどの高速なモバイルブロード回線などを用意してフジテレビNEXTsmartで見るという使い方だ。スカパー!のフジテレビNEXTを契約すればスカパー!オンデマンドでフジテレビNEXTsmartも見ることができることを活用するなら、こうした使い方がよいのではないだろうか。

 また、これまで建物の方角の関係などでCS放送が受信できないような家庭で、フジテレビNEXTを視聴する手段がなかった人にとっては、F1のライブ中継をネット経由で見ることができるようになったのは福音といえるだろう。特にスカパー!オンデマンドはほとんど遅延もなかったので、本当のライブでF1を見たいというマニアであれば、月額1296円の価格は、フジテレビNEXTを契約するのと同じであり、かつスカパー!の基本料金も必要ないと考えれば、決して高くはないだろう。

 いずれにせよ、3月31日までは無料(スカパー!オンデマンドならID登録だけ、フジテレビ・オンデマンドならID登録の上月額315円のコースに加入)で楽しむことができるので、まずはスカパー!オンデマンドなどに登録して、どの程度のクオリティで楽しめるのか確認してみるといいだろう。3月31日までということは、開幕戦オーストラリアGP(3月14日〜16日)と第2戦マレーシアGP(3月28日〜30日)は無料期間中に視聴できるので、その間に契約するのかどうかを検討するとよいだろう。

F1公式アプリでライブタイミングをスマートフォンで見ているところ。これはすでに終了したセッション(FP2)を再生しているところ。プレミアム機能ではすでに終了したセッションを再生することができ、フジテレビNEXTsmartの見逃し再生と合わせて利用すると、録画再生でもライブタイミングのデータを楽しむこともできる
F1公式アプリでライブタイミングを解像度が高いタブレットで見ているところ

【お詫びと訂正】記事初出時、「スカパーオンデマンド」での配信体系に関する記述で間違いがありました。また、表組み内のビットレート単位に一部間違いがありました。お詫びして訂正させていただきます。

(笠原一輝)