ニュース

ジャングル、昭文社の地図ソフト「スーパーマップル・デジタル15」

iOS(iPhone/iPad)デバイス対応アプリを用意

「スーパーマップル・デジタル15 全国版」
2014年7月4日発売

5500円〜1万4500円

 ジャングルは、昭文社の地図ソフト「スーパーマップル・デジタル15」を7月4日に発売する。価格は、全国版が1万4500円、東日本版と西日本版が8500円、関東甲信越版が5500円。そのほか乗換・アップグレード全国版がオープンプライスとなる。

 スーパーマップル・デジタルは、毎年機能アップを図っているPC用地図ソフト。Windows 8.1/8/7/Vista(SP2以上)に対応し、Internet Explorer 7以降(32bit版)が必須となる。

 インターネット接続を必要とせずに一方通行・右左折禁止などの道路交通規制を考慮した自動車用ルート検索が可能なほか、昭文社の「まっぷるマガジン」などの旅行ガイドブックや季節のイベント情報を簡単にダウンロードし、地図上に編集・保存することができる機能を備え、旅行のプランニングなどにも使える。

 スーパーマップル・デジタル15では、Android OS対応アプリに加え、新たにiOSデバイスに対応したアプリの提供を開始。PCで編集したポイント(位置)情報を、スマートフォン・タブレットで持ち出すことや、オフラインで端末からポイント情報を入力・編集することができる。

iOSデバイスとの連携
ルートプランニング
カスタム地図作成
地図をベースに多彩な活用ができる

(編集部:谷川 潔)