ニュース

ブリヂストン、「東京オートサロン2016」でPOTENZAブランドを軸にモータースポーツ活動をアピール

インディカーシリーズやSUPER GT参戦ドライバーによるトークショーを開催

2016年1月8日発表

 ブリヂストンは1月8日、「東京オートサロン2016」(幕張メッセ:2016年1月15日〜1月17日)に出展すると発表した。

 今回のブリヂストンブースでは、同社の国内外におけるさまざまなモータースポーツ活動、グローバル・プレミアム商品ブランド「POTENZA」を軸に、「人とタイヤが一体となる楽しさ」を表現。

 具体的には「POTENZA RACING TIRE」を装着したSUPER GT GT500クラスの「AUTOBACS RACING TEAM AGURI」や、「POTENZA S001」を新車装着するレクサス(トヨタ自動車)「LFA」、「POTENZA RE-71R」を装着した日産自動車「GT-R」などを展示し、POTENZAの世界感を演出。加えてニュルブルクリンク24時間耐久レースを舞台にした映像などを通じ、国内外におけるさまざまなモータースポーツ活動の紹介が行なわれる。

 また、インディカーシリーズ、SUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、GAZOO Racing 86/BRZ Race、ジムカーナの参戦ドライバーらを招いてのトークショーなども開催される。

(編集部:小林 隆)