ニュース

TOYOTA GAZOO Racing、2016年のニュル24時間レースにコンパクトクロスオーバー「C-HR Racing」など3台で参戦

「C-HR Racing」のドライバーは影山正彦、佐藤久実選手ほか

2016年1月15日発表

純粋なスポーツ車両ではないクロスオーバーコンセプト「TOYOTA C-HR Racing」で今年のニュル24時間レースにチャレンジする

 TOYOTA GAZOO Racingは1月15日、5月26日〜29日にドイツで開催される「第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に、「TOYOTA C-HR Racing」「LEXUS RC」「LEXUS RC F」の3台で参戦すると発表した。

 GAZOO Racingの名称で2007年に開始したニュルブルクリンクへの挑戦は、今年で10年の節目を迎える。そんな今回のトピックは、純粋なスポーツ車両ではないクロスオーバーコンセプト「TOYOTA C-HR Racing」でのチャレンジ。新たな車両で新たな経験を積み重ね、ヒトづくり・クルマづくりを加速し、将来の車両開発に生かすとしている。同モデルのドライバーは影山正彦、佐藤久実選手らが務める。

 チーム代表の豊田章男氏は、これまでの活動について「2007年にGAZOO Racingとして初めてアルテッツァでニュルブルクリンクに挑戦したことを昨日のことのように思い出します。毎年、天候によっても表情を変えるニュルの道との対話、新しい仲間との出会い、かけがえのない仲間との別れ。様々な想いを胸にこれまで走り続けてきました。しかし、いつの時代も変わらないことがあります。それは、ニュルという過酷なコースがクルマを鍛え、レースという厳しい環境が人を育てるということです。過去9回のニュルブルクリンクへの挑戦で私自身、そのことを強く実感しています。私どもがモータースポーツに取り組む意義は、そこにあります。そして、そうした環境に真剣に向き合う姿に、お客様にも感動いただけるものと考えます。今後も、私どもトヨタ自動車は、TOYOTA GAZOO Racingの傘のもと、もっといいクルマをつくるため、そしてクルマファンを増やし、お客様に笑顔になっていただくため、心をひとつにして、モータースポーツ活動に永続的に取り組んでまいります」とコメントしている。

LEXUS RCは2015年に続く2年目の参戦。2015年鍛え上げた信頼性と品質に、さらなる改善と新技術アイテムを織り込んだという。ドライバーは木下隆之選手、蒲生尚弥選手らが務める
LEXUS RC F。トムスが開発に参画するとともにレース参戦を指揮。ドライバーは土屋武士選手、大嶋和也選手、井口卓人選手、松井孝允選手が務める

(編集部:小林 隆)