ニュース

市販予定の「イグニス」やカーボンボンネットの「アルト ワークス」などを展示するスズキブース

純正用品を装着する「イグニス」「ハスラー」なども紹介

2016年1月15日〜17日開催

 幕張メッセ 東ホール7にある東京オートサロン2016のスズキブースでは、2015年12月に発売されて注目を集めているスポーティな軽自動車「アルト ワークス」をベースに、MotoGPの参戦マシンを模したカラーリングやカーボン製ボンネット、ロールケージなどを装着してレースイメージを与えた「アルト ワークス GP」をはじめ、アウトドアアクティビティのイメージを高めた「ハスラー」のカスタマイズモデル「ハスラー ラフロードスタイル」、東京モーターショー2015で世界初公開した小型クロスオーバー「イグニス」をベースとする「イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト」といった3台の参考出品車のほか、同社ラインアップモデルを純正用品などを装着してドレスアップした車両などを多数展示している。

アルト ワークス GP
アルト ワークス GP

 2015年からスズキが再参戦しているMotoGPの「チームスズキ エクスター」で使用しているマシンカラーをアルト ワークスのボディに再現。さらにカーボン製のボンネットやレッド塗装のブレーキキャリパー、車内のロールケージなどの装着により、2輪レースの最高峰で戦う「GSX-RR」のレーシングイメージを受け継いでいる。

チームスズキ エクスターのチームカラーであるブルーを基調に、蛍光イエローのラインなどによってMotoGPマシンのイメージを再現
ボディのサイドに大きなロゴを装着
前後のタイヤは標準仕様の165/55 R15 75Vから185/55 R15 82Vにワイド化
中央部分をブルーに塗装したカーボンボンネット
車内にはロールケージも設定されている
アルト ワークス GPと並んでMotoGPマシンであるGSX-RRも展示
ハスラー ラフロードスタイル

 オフロード走行向けのタイヤを装着して車高を高め、アウトドアスポーツを存分に楽しめる走破性を持つことをアピールするハスラー ラフロードスタイル。ボディはイエローとブラックの2トーンで、内外装には専用の車名ロゴを配してアクティブさや楽しさをアピールしている。

ハスラー ラフロードスタイル
ボディ側面に大型の専用車名ロゴを設定
ハスラーは元々175mm(4WD車)の最低地上高を備えているが、ハイライダー化によって大幅に走破性を拡大
イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト
イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト

 東京オートサロン2016で世界初公開され、会場で「市販間近」と説明されているイグニスをベースにしたカスタマイズモデルが早くも登場。「週末にカヌーを使って釣りを楽しみに行く大人」というユーザーを想定したこのモデルでは、ルーフレールと前後バンパーに設置したフックを使ってルーフ上にカヌーを固定可能。オレンジ色のカヌーとコーディネートしたドアミラー。アルミホイールやバンパー類のアクセントラインでマットグレーのボディに快活さを与えている。

イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト
カヌーの前後をロープで車体側のフックに固定
アウトドアテイストを強調しつつ、タイヤにはブリヂストンのプレミアムタイヤであるレグノを設定。“大人のクロスオーバー車”であることを表現する

 以上3モデルはステージ上で展示を実施。この3つのステージに置かれているのは「市販されていないパーツなどを使ってカスタマイズされたモデル」とのこと。スズキブースではこのステージ以外にも純正用品を装着してドレスアップした車両を多数展示しており、フロアに置かれている車両は「基本的に手に入る製品を装着した車両で、こんな用品もあるのだと身近に感じてほしい」と会場の説明員から伝えられた。

(編集部:佐久間 秀)