ニュース

スバル、2月18日〜3月2日に本社ショールームで「世界の名機カレンダー」原画展を開催

新作「疾風(中島飛行機)」を含む全20作品を展示

2016年2月18日〜3月2日開催

入場料:無料

「世界の名機カレンダー」2016年版の表紙に使用された新作の四式戦闘機「疾風」

 スバル(富士重工業)は2月18日〜3月2日の14日間、国内外の人気航空機をモチーフに毎年制作していたカレンダー「WORLD FAMOUS AIRPLANES=世界の名機カレンダー」の原画展を、東京 恵比寿にある同社ショールームにて開催する。

「世界の名機カレンダー」は、世界中にファンを持つ航空機アートの第一人者である小池繁夫氏が描くイラストを使用したカレンダーで、1976年版の制作開始から41年間制作され、2016年版をもってその歴史に幕を閉じた。

 原画展では2016年版の表紙に使用されている新作「疾風(中島飛行機)」のほか「フォード5ATトライモーター旅客機」「スーパーマリン スピットファイヤーMk.VIII戦闘機」「カーチスNC-4飛行艇」「アラドAr196A水上偵察機」「カムス53旅客飛行艇」など、小池氏選定の全20作品を展示。原画ならではの色彩や緻密な筆遣いを観ることができる。

開催概要

「世界の名機カレンダー」原画展
日時:2016年2月18日〜3月2日(10時〜19時)
会場:エビススバルビル1階ショールーム(東京都渋谷区恵比寿1-20-8)

(編集部:椿山和雄)