ニュース

スズキ、インド・オートエキスポ2016で新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」を発表

1.3リッターディーゼルエンジンにマニュアルトランスミッションの組み合わせ

2016年2月3日(現地時間)発表

新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」

 スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ社は2月3日(現地時間)、インドで開催されている「オートエキスポ2016」(プレスデー:2月3日〜4日、一般公開日:2月5日〜9日)において、新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」を発表した。同モデルはマルチ・スズキ社のグルガオン工場で生産され、インド国内で販売する予定。

 力強いダイナミックなエクステリア、充実した快適・安全装備、豊富な車体色、多様なオプションパーツを特長とする都市型SUV。パワートレーンには最高出力66kW/4000rpm、最大トルク200Nm/1750rpmを発生する1.3リッターディーゼルエンジンにMTを組み合わせる。

 エクステリアはSUVらしいスポーティかつ力強いデザインに仕上げ、16インチホイールを収めた特徴的な四角張ったホイールアーチ、力強いフロントフェイス、ダイナミックなサイドの造形により、都会で際立つデザインとした。カラーリングは2トーンルーフ仕様車を含む9パターンを設定するとともに、ユーザーのライフスタイルに合わせたオプションパッケージを用意。ボディサイズは3995×1790×1640mm(全長×全幅×全高)。

 そのほかスマートフォン連携ディスプレイ、クルーズコントロール、バックカメラなどの快適装備を備えるとともに、全車運転席エアバッグを標準装備して安全性を高めている。

 2月3日に現地で行われた記者発表会で、スズキの鈴木俊宏社長は「インド市場は最も重要な戦略的市場・生産拠点であり、その重要性は今後さらに増していく。ビターラ ブレッツァはインドのお客様の好みや価値観をより重視して開発した。スズキとマルチ・スズキ社は“チームスズキ”として、インド社会へ貢献できるよう革新と進化への挑戦を続けていく」とコメントしている。

 なお、スズキブースではこのほかにインド初公開となるコンパクトクロスオーバー「コンセプト イグニス」および1.0リッター直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET(ブースタージェット)」を搭載したプレミアムハッチバック「コンセプト バレーノRS」の2台のコンセプトカーなどとともに、2輪子会社のスズキ・モーターサイクル・インディア社から125ccスクーターの全面改良モデル新型「アクセス125」などが出品されている。

125ccスクーターの全面改良モデル新型「アクセス125」

(編集部:小林 隆)