ニュース

日産、赤ちゃんのためのドライブミュージック「ココニイルヨ」「パピプペポロリン」

鈴木おさむ氏が作詞。定額制音楽配信サービス「AWA」を通じて3月7日より配信開始

2016年3月7日 配信開始

赤ちゃんのためのドライブミュージック「ココニイルヨ」

 日産自動車は、赤ちゃんのためのドライブミュージック「ココニイルヨ」「パピプペポロリン」を製作し、定額制音楽配信サービス「AWA」を通じて3月7日から配信を開始した。

 放送作家であり、日産ソーシャルメディアプロジェクト「にっちゃん情報局」編集長である鈴木おさむ氏が作詞した「ココニイルヨ」「パピプペポロリン」は、日産公式facebookやtwitterを通じて全国にいる子育て中の両親に協力を得て制作が実現したオリジナル楽曲。

「パピプペポロリン」

 同社は、自動車会社として赤ちゃんと2人だけでクルマに乗るママやパパのために何かできないか検討。その声を吸い上げる中で、「クルマで赤ちゃんが泣いてしまう、というシチュエーションが多いのだが、子どもはチャイルドシートに乗せているので後ろにおり、運転席からあやす事もできずに困っている」という意見が多く挙がったという。

 そこで今回製作されたのが「ココニイルヨ」「パピプペポロリン」で、楽曲は赤ちゃんが興味を持ちやすいと言われる5000〜6000ヘルツの高い周波数を中心に作曲され、ドライブ中に赤ちゃんが泣き出したり愚図ったりした時に今回の楽曲を流すことで、赤ちゃんが泣き止み落ち着く効果が期待できるという。

「ココニイルヨ」では、はじめに高い周波数の音で赤ちゃんの興味を引き、その後徐々に周波数を下げることで赤ちゃんを落ち着かせ、時間をかけて泣いている状態を沈静化する楽曲。「パピプペポロリン」は、赤ちゃんの持つ「いろいろな音に反応しやすい」という特性を利用し、赤ちゃんが興味を持つ音で刺激を与え、赤ちゃんを覚醒化し、泣きやませる楽曲としている。

(編集部:小林 隆)