ニュース

スズキ、コンセプトモデル「GSX-R1000」を大阪・東京のモーターサイクルショーに出品

大阪で3月19日〜21日、東京で3月25日〜27日開催

2016年3月19日〜21日:第32回大阪モーターサイクルショー2016(インテックス大阪)

2016年3月25日〜27日:第43回東京モーターサイクルショー(東京ビッグサイト)

コンセプトモデル「GSX-R1000」(参考出品車)

 スズキは3月11日、「第32回大阪モーターサイクルショー2016」(インテックス大阪:3月19日〜21日)と「第43回東京モーターサイクルショー」(東京ビッグサイト:3月25日〜27日)に出展概要を発表。

 両会場のスズキブースでは、参考出品車としてコンセプトモデル「GSX-R1000」を公開するとともに、2015年11月にイタリア・ミラノショーで発表した海外向け新型モデル「SV650 ABS」など7台を出品。また、市販車ではロードスポーツバイク「GSX-S1000 ABS」や「隼(ハヤブサ)」をはじめとした国内の大型スポーツモデルなど12台を出品する。

 そのほか、MotoGPマシン「GSX-RR」にまたがることが出来るコーナーを設けるなど、実際に触れる車両を数多く展示する。

輸出モデルの「SV650 ABS」(参考出品車)

【お詫びと訂正】記事初出時、タイトル部分に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

(編集部:椿山和雄)