ニュース

スバル、マレーシア製「フォレスター」をバンコクモーターショーで初公開

春よりマレーシア、タイ、インドネシアで販売予定

2016年3月18日 発表

マレーシアでKD生産した「フォレスター」をバンコクモーターショーで初公開

 スバル(富士重工業)は3月18日、マレーシアでKD生産した「フォレスター」をタイで開催の「第37回バンコク国際モーターショー(プレスデー:3月21日〜22日、一般公開日:3月23日〜4月3日)」で初公開すると発表した。

 バンコクモーターショーで、スバルはフォレスターのほか、「XV」(マレーシア生産車)、日本生産車として「アウトバック」「レヴォーグ」「WRX STI」「BRZ」などを展示。

 同社は中期経営ビジョン「際立とう2020」において、東南アジア地域での強固な事業基盤の構築を掲げており、マレーシアにおけるフォレスターのKD生産や販売はその一環。

 なお、マレーシアにて生産されたフォレスターは、タンチョン・グループのスバル販売網を通じて、春よりマレーシア国内、タイ、インドネシアで販売予定。

(編集部:椿山和雄)