シートベルトの拘束感を和らげるオシャレなシートベルトパッド
シートベルトパッド
メーカー:SPARCO
価格:3050円(左右セット)

 

 乗車時にはシートベルトをしなくてはならないことは、運転免許を持っている人はもちろん、持っていない人でも多くの方に知られていることだと思う。シートベルトは衝突事故の際に体をシートに固定して守ってくれる大切な機能だ。2008年からは後部座席を含め、全座席での着用が義務化されている。なお、体の小さな6歳未満の子供はチャイルドシートを使う。

警視庁「命を守るシートベルト」
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/seatbelt/index.htm

 シートベルトに使われるストラップの素材は、薄く引っ張り強度のあるポリエステル。ユックリとした動作なら引き出せるが、素早く引っ張ると止まる作りになっていて、衝突時には体を拘束する。ストラップ自体に伸縮性はまったくないので、引き出しがロックされた状態で力をかけると体に食い込むように感じる。ストラップが固く薄いため、単に長時間装着しているだけでも痛みを感じる人は多いだろう。

SPARCO シートベルトパッド。商品パッケージ SPARCO シートベルトパッド。ブラックにチェッカーフラッグのデザイン

 一般的な3点式のシートベルトでは、腰まわりと鎖骨が体と接触する作りになっている。特に女性は、鎖骨周辺のえりぐりが大きく開いた服を着る機会も多いので、肌に直接ストラップが触れるのをいやがる人も多い。また、妊娠時の着用もかなりつらいと聞く。

 今回は、このようなシートベルト装着時のつらさを軽減する目的で、シートベルトのストラップに装着するパッドを探してみた。探してみるとファッション的な要素もあるので、さまざまなデザインのパッドが販売されている。

 今回は、その中で目にとまったイタリアのカーレース用品メーカー「SPARCO(スパルコ)」のパッドを紹介する。スパルコはバケットシートや4点シートベルト(フルハーネスとも呼ばれる)でも定評がある。これのオプション品としてシートベルトパッドが用意されている。スポーツ系の車種ではないが愛車が欧州車なので、デザインがマッチするのではと考えた。

 パッドの色やデザインは各種揃っているので好みで選べるだろう。車内であまり浮いてしまうことのないようにブラックで、チェッカーパターンがあしらわれたデザインを選んでみた。ロゴとチェッカーパターンは、ちゃんと刺繍になっていて高級感が感じられる。レーシーな雰囲気の車内インテリアとしてもわるくない。

 本来スポーツ走行用フルハーネス向け製品でサイズがやや大きめだが、一般のシートベルトで使用しても問題はないはずだ。4点シートベルトは1脚分で両肩2つのパッドを使うので、2つセットで販売されているのが一般的。3点シートベルトでは、運転席と助手席で分けて使うとちょうどよい。

 パッドの厚みは大げさなほどで、2〜3cmありシッカリとしている。ストラップに巻いてベロクロ(マジックテープ)にて装着する。

ロゴなどのデザインはちゃんと刺繍されている パッドの厚みはシッカリとしている ストラップを巻いてベロクロで止めて装着する

 パッドを付けると、シートベルト装着時に取り回しでちょっと邪魔に感じるが、装着してしまえば後は実に快適だ。車の挙動で体が前後に動いてシートベルトに強く引っ張られることがあってもまったく体側に負担がない。


 これは愛車特有の事情だが、2ドアのためかシートベルト上部の支点が後ろ側にきていて、常時かなり引っ張られている感覚が強い。これが大幅に軽減されるようになるのはありがたかった。パッドの厚みがかなりあるので、肌への当たりはまずない。生地は細かなタオルのような感触なので、直接肌が当たってもうっとうしく感じられることもない。

シートベルトの支点が後ろのほうにあり、かなり引っ張られる作り 装着はストラップに巻きつけベロクロを止める
パッドを装着したところ 肩にパッドを当ててみたところ。見た目もかなりシッカリとしたパッド。当たりはかなり柔らかい

 ちょっと残念なのは、外したときにパッドの位置でシートベルトが完全には収納されなくなり、ストラップが車内に残ってしまうこと。後席の足下に長く垂れる案配になる。これはシートベルト装着の際には引き出さなくて済むので楽になるということでもあるのだが、外した時の見た目はちょっとわるい。

 車外から見てもアクセントとして見えるので、自分好みのデザインを選んでみて欲しい。つけ外しも簡単なので、助手席に女性を乗せる時にだけ装着するという使い方もアリだろう。

パッドをつけたままシートベルトを外した状態。パッドが邪魔になってそれ以上は収納されなくなる 後席の足下に入れてみた状態

(村上俊一)
2011年 10月 7日

Amazonでお買い物