【最新ニュース】
ホンダ、189万円からのハイブリッドカー「インサイト」

2009年2月6日発売
189万〜221万円



 本田技研工業はハイブリッドカー「インサイト」を、2月6日から発売する。価格は189万〜221万円。

 1999年に発売されたハイブリッドカー「インサイト」の名を引き継ぐ新モデル。初代は3ドア2人乗りのスポーティーなクーペだったが、2代目は5ドア5人乗りの実用車となった。200万円前後の戦略的な値付けで、日本・北米・欧州で20万台の販売を狙う。

 G、L、LSの3バリエーションが用意されるが、違いは装備のみ。パワーユニットやボディ形状は全バリエーションで共通、駆動方式はFFの2WDのみ、トランスミッションもCVTのみとなっている。ただし、LSのCVTは7速モードとシフトパドルが付く。

 また、全モデルに前席アクティブヘッドレスト(ムチ打ち防止機能ヘッドレスト)、チルト&テレスコピックステアリング、運転席ハイトアジャスター、電波式キーレスエントリー、オートエアコン、イモビライザーなどが標準で装備される。

同社の福井威夫代表取締役社長とインサイト ブリリアントスカイメタリック
デトロイトショーで展示された北米仕様車 ミラノレッド クリスタルブラックパール
スペクトラムホワイトパール アラバスターシルバーメタリック ポリッシュドメタルメタリック

 189万円の最廉価モデル「G」は、ターンシグナル内蔵ドアミラーやアルミホイール、本革巻ステアリング、前席アームレスト付きコンソールボックス、後席センターアームレスト、ラゲッジルームランプなどが省略されるほか、ビークル・スタビリティ・アシストやプロジェクター式HIDヘッドライトなどがオプションになる。

 221万円の「LS」には、ビークル・スタビリティ・アシストやフロントフォグランプ、アルミホイール、ハーフシェイドフロントウインドウ、パドルシフトなどが装備される。

 ボディサイズは4390×1695×1425mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2550mm、重量はG・Lが1190kg、LSが1200kg。燃料電池車FCXクラリティのイメージを生かしたエクステリアデザインは「エアロアスリート」をコンセプトとし、フロントからリヤまでをワンモーションで繋ぐティアドロップ形状を持つ。5ナンバー枠に収まるコンパクトな車体、Cd値0.28の空力性能、ハイブリッドシステムの組み合わせで、10・15モード燃費とJC08モード燃費は、G・Lが30km/Lと26km/L、LSが28km/Lと24km/Lとなった。

 パワーユニットには初代インサイトのほか、シビック・ハイブリッドでも実績のある、「IMA」(Integrated Motor Assist)システムを搭載する。IMAは、ガソリンエンジンに電気モーターを直結し、電気モーターがガソリンエンジンを常時アシスト。状況に応じてエンジンを停止し、電気モーターのみの走行やエネルギー回生、アイドリングストップを行う。

 エンジンはシビック・ハイブリッドと同じ4気筒SOHC 8バルブ 1.3リッターの「LDA」型。必要に応じて全気筒を休止する機能などを搭載する。最高出力は65kW(88PS)で、シビック・ハイブリッドの69kW(94PS)よりもデチューンされている。最大トルク121Nm(12.3kgm)で同じ。

 電気モーターはDCブラシレスで、最大出力10kW(14PS)、最大トルク78Nm(8kgm)と、やはり15kW(20PS)、103Nm(10.5kgm)のシビック・ハイブリッドを下回る。が、シビック・ハイブリッドのモーターよりも約22%薄く、約15%軽くなっている。

 バッテリーはニッケル水素。モジュールあたりの出力と耐久性を向上させることで、モジュール本数をシビック・ハイブリッドの11本から7本に減らし、小型軽量化を図った。小型化されたPCU(Power Control Unit)と併せ、荷室下にユニットを収めることに成功質得る

 運転席の「ECOM」スイッチを押すと、エンジンとCVTを協調制御し、エアコンの省エネ制御、アイドルストップ時間延長、回生充電量増加などを併せて燃費を向上させる「ECONモード」になる。また、速度計の背景の色を変えてリアルタイムで燃費効率をドライバーにフィードバックしたり、1ドライブの燃料効率を葉っぱのマークの数で評価したりといった「エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム」を全車標準で備える。

 Car Watchでは、発表会リポートなどを追って掲載する。

インサイトのパッケージング バッテリーとPCUを含むIPU(Intelligent Power Unit)は後部荷室下に置かれる エンジンと電気モーターは直結

IPU モーターは薄型化され、軽くなった
インサイトの走行モード。電気モーターのみの走行やアイドリングストップが可能

 

URL
本田技研工業株式会社
http://www.honda.co.jp/
ニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2009/4090205-insight.html
製品情報
http://www.honda.co.jp/INSIGHT/
【2008年10月03日】【2008パリモーターショー】ワールドプレミアカーが続々登場(1)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081003_37858.html
【2008年11月20日】ホンダ、新型「インサイト」搭載のエコ運転支援システムを開発
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081120_38146.html
【2009年1月13日】【2009デトロイトショー】ホンダ「インサイト」量産型を展示
http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2009detroit/20090113_38411.html

(編集部:田中真一郎)
2009年2月5日


 



Car Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。

Car Watch編集部 car-watch@impress.co.jp
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.