【最新ニュース】
アウディ、プレミアムコンパクトカー「A1」発売
同社初のアイドリングストップ機構を搭載し、10・15モード燃費19.4km/Lを達成

A1

2011年1月11日発売
289万円



 アウディ ジャパンは1月11日、プレミアムコンパクトカー「A1」を発売した。価格は289万円で、ステアリング位置は右のみ。

A1 1.4 TFSI
価格 289万円
乗車定員 4名
サイズ(全長×全幅×全高)[mm] 3970×1740×1440
ホイールベース[mm] 2465
トレッド(前/後)[mm] 1465/1460
重量[kg] 1190
エンジン 直列4気筒DOHC 1.4リッターターボ
最高出力[kW(PS)/rpm] 90(122)/5000
最大トルク[Nm(kgm)/rpm] 200(20.4)/1500-4000
燃料消費率(10・15モード燃費)[km/L] 19.4
トランスミッション 7速Sトロニック
駆動方式 2WD(FF)
サスペンション(フロント/リア) マクファーソンストラット/トーションビーム
タイヤサイズ 205/55 R15

A1に搭載する直列4気筒DOHC 1.4リッターターボ直噴エンジン

 A1は、自分の価値観を大切にする、高い審美眼を持つユーザー「Urban egoist(アーバンエゴイスト)」をターゲットにしたスポーツコンパクトモデル。

 直列4気筒DOHC 1.4リッターターボ直噴エンジンにデュアルクラッチAT「7速Sトロニック」を組み合わせ、前輪を駆動。同社初のアイドリングストップ機構「スタートストップシステム」とエネルギー回生システムなどを備え、平成22年度燃費基準(+20%)と平成17年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)をクリア。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)に対応し、10・15モード燃費は19.4km/Lとなる。



ボディーでは軽量・高剛性の高強度スチール材を多用

 ボディーは軽量・高剛性の高強度スチール材を積極的に採用し、車重を1190kgとした。

 エクステリアはシャープなヘッドライト、押し出し感のあるシングルフレームグリルなど同社のアイコンがちりばめられたほか、ボディーサイドのショルダーライン、ダイナミックな弧を描くルーフラインを特長にするとともに、ウイングタイプのLEDポジショニングライトを備えたバイキセノンヘッドライト、リアLEDコンビネーションランプなどを装備する。

 ボディーカラーはミサノレッドパールエフェクト、アマルフィホワイト、ファントムブラックパールエフェクト、ブリリアントブラック、スクーバブルーメタリック、シラーズレッドメタリック、ティークブラウンメタリック、キュミュラスブルー、スフィアブルーメタリック、アイスシルバーメタリックの全10色。

 オプションでは、専用生地を使ったスポーツシート、スポーツサスペンション、ポリッシュ加工を施したテールパイプ、10スポークデザインのアルミホイール(7J×16)などをパッケージにした「スポーツパッケージ」と、専用のフロントリップスポイラー、大型ダブルウイングリアスポイラー、リアディフューザー、5スポークデザインのアルミホイール(7.5J×17)などスポーティなドレスアップが可能な「コンペティションパッケージ」の2種類を用意する。

 インテリアは、航空機をモチーフにしたデザインを採用し、エアコン吹き出し口や内側のドアハンドル部、ステアリング部など随所にアルミニウム加飾を施すことで上質感をプラス。メーターパネルのディスプレイは、平均時速や外気温、平均燃費表示のほか、エアコンによる燃費消費量などを表示するエコドライブアシスト機能を備える。

 最新鋭のMMI(マルチメディアインターフェイス)とHDDカーナビを標準装備し、ラジオ/CD/DVDプレーヤー/地上デジタルTV(12セグ対応)/ハンズフリー機能/アウディミュージックインターフェイス(AMI)といった多彩なインフォテインメントをコントロールできる。

 その他オプションとして、A1専用設計の「ボーズサラウンドサウンドシステム」や、開口部を大きくとった「オープンスカイルーフ」、クルーズコントロール、シートヒーター、などを用意する。

 なお、3年間(走行距離5万km以内)のメンテナンス、1年目/2年目の法定点検を無料で実施する「アウディ フリーウェイプラン」を標準で付帯する。

(編集部:小林 隆)
2011年 1月 11日