【最新ニュース】
トヨタ、ベストセラーハイブリッド「プリウス」をマイナーチェンジ
車輌接近通報装置の全車標準装備、静粛性を向上

プリウス S

2011年12月19日発売
2,170,000円〜3,340,000円



 トヨタ自動車は、ハイブリッド車「プリウス」をマイナーチェンジし、12月19日に発売する。価格は、2,170,000円〜3,340,000円。また、新たにスポーツコンバージョン車「プリウス“S ツーリングセレクション G's”」を設定し、12月26日に発売する。価格は2,840,000円。

G “ツーリングセレクション・レザーパッケージ”(ボルドーマイカメタリック)

グレード ハイブリッドシステム 変速機 駆動方式 価格
L 直列4気筒 DOHC 1.8リッター+モーター 電気式無段変速 2WD(FF) 2,170,000円
S 2,320,000円
S“ツーリングセレクション” 2,520,000円
G 2,520,000円
G“ツーリングセレクション” 2,720,000円
G“ツーリングセレクション レザーパッケージ” 3,340,000円
“S ツーリングセレクション G's” 2,840,000円

 3代目となる現行プリウスは、2009年5月に発売され、以後ベストセラーランキングトップの常連となった大ヒットハイブリッド車。エクステリアの小変更などのマイナーチェンジが実施される。

 基本的な動力性能、燃費に変更はなく、最高出力73kW(99PS)/5,200rpm、最大トルク142Nm(14.5kgm)/4,000rpmの1.8リッターアトキンソンサイクルエンジンと、最高出力60kW(82PS)、最大トルク207Nm(21.1kgm)のモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「リダクション機構付きTHS II」を搭載。バッテリーは、ニッケル水素電池で6.5Ah。

 10・15モード燃費は38.0km/L(L以外は35.5km/L)、JC08モード燃費は32.6km/L(L以外は30.4km/L)になる。

 主な変更点としては、フロントバンパー、フロントグリル、アンダーグリル、リアコンビネーションランプ、15インチホイールキャップのデザイン変更。車輌接近通報装置の全車標準装備、フロントガラスにUVカットガラスを新採用があり、吸音材の追加による静粛性の向上、ボディー剛性の強化による乗り心地と操縦性、走行安定性の向上も図られている。

G(フロスティーグリーンマイカ) G
S “ツーリングセレクション”(シルバーメタリック) S “ツーリングセレクション”(ホワイトパールクリスタルシャイン) S “ツーリングセレクション”
S(ライトパープルマイカメタリック) S
大型コンソールボックス(カップホルダー付き) USB/AUX端子とアクセサリーソケット

 新設定のスポーツコンバージョン車「プリウス“S ツーリングセレクション G's」では、“S ツーリングセレクション”をベースに、専用デザインのフロント・リアバンパー、専用チューニングのサスペンションなどを装備し、ボディー剛性向上のためメンバープレースの追加や、スポット溶接打点の追加が行われている。

 タイヤサイズも、プリウス初の18インチ設定となり、215/40 R18のダンロップ DIREZZA DZ101と、G's専用18インチホイールを装備する。

S“ツーリングセレクション G's”
G's専用スポーティシート(運転席・助手席) G's刺繍マーク付(運転席・助手席シート側面) G's SPECIAL TUNE剛性アップアイテム

(編集部:谷川 潔)
2011年 11月 29日