【最新ニュース】
圏央道 高尾山IC〜八王子JCT開通式を開催
2013年度には東名高速と中央道を接続

圏央道 高尾山IC

2012年3月25日15時開通



 3月25日15時、圏央道(首都圏中央連絡自動車道) 高尾山IC(インターチェンジ)〜八王子JCT(ジャンクション)間(2km)が開通した。これにより、中央自動車道 八王子JCTから南に抜けることが可能になり、高尾山の近くで国道20号に接続することができるようになった。

3月25日15時に開通した圏央道 高尾山IC〜八王子JCT 2013年度には中央道と東名高速が圏央道で結ばれる

 開通に先立ち、国土交通省 相武国道事務所とNEXCO中日本(中日本高速道路)は開通式を開催。国交省 関東地方整備局長 下保修氏、衆議院議員阿久津幸彦氏、八王子市長 石森孝志氏、中日本高速道路 代表取締役会長兼社長 金子剛一氏らが祝辞を述べた。

 下保修 国交省関東地方整備局長は、この高尾山IC〜八王子JCTの開通により、首都圏を結ぶ延長約300kmの圏央道の建設が一歩進んだことについて述べ、平成25年度(2013年度)には東名高速道路と結ばれ、平成26年度(2014年度)には東北自動車道と結ばれる道路であると紹介。圏央道の全通を目指すとした。また、金子剛一中日本高速道路会長兼社長も、東名と接続する道路であり、いずれ新東名とも接続する道路であると語るなど、将来的な環状線の完成に対しての期待を述べた。

開通式は、高尾山ICのすぐ近くに位置する高尾山トンネル内で行われた 国交省 関東地方整備局長 下保修氏
衆議院議員 阿久津幸彦氏 八王子市長 石森孝志氏 中日本高速道路 代表取締役会長兼社長 金子剛一氏

地元小学生7名が加わって、関係者らによるテープカットを実施
通り初めは、高速隊の白バイが先導

 実際、今回の開通距離は約2kmと短いものだが、中央道 八王子JCT付近は慢性的に渋滞する個所として知られているため、渋滞の軽減への期待がかかる。高尾山ICは、国道20号の八王子南バイパス分岐近くに設けられ、観光名所として知られる高尾山に近いほか、八王子南バイパス経由での町田方面へのアクセスがしやすくなる。そのほか、中央道 八王子ICが接続する国道16号の渋滞軽減にも効果があるだろう。

高尾山IC→八王子JCT

高尾山ICを入ると延長約1300mの高尾山トンネルが現れる 2車線のトンネルとなっており、左が中央道、右が圏央道へと分岐する
トンネルを抜けると、八王子JCTが見えてくる 中央道側は、河口湖・名古屋方面と八王子・新宿方面へと分岐する 八王子JCTを直進すると既開通区間の圏央道 八王子城跡トンネルが見えてくる

八王子JCT→高尾山IC

八王子JCTを高尾山ICへと向かう。すぐに高尾山トンネルが見えてくる AM・FM放送の聞けるトンネルとなっている 高尾山トンネル出口では、1車線へと規制されている
トンネルを出たところ。右車線は、将来的に東名高速へとつながる トンネルを抜け、ゆるい左カーブを下る 高尾山IC前の案内看板
高尾山IC 高尾山ICを出て、国道20号を右に行けば、大垂水峠を経て相模湖へ。左に行けば八王子・町田方面へ。写真は八王子・町田方面。町田方面へ向かう八王子南バイパスが主道路となっており、高尾山や高尾駅、八王子方面に向かうには左へ分岐する必要がある
高尾山ICの無人料金徴収機。運転席の高さに応じて、上下2つの徴収口が設けてある

 高尾山IC以南は、東名高速と接続する海老名JCT〜海老名IC間がすでに開通しており、海老名IC〜相模原IC間(2012年度開通予定)、相模原IC〜高尾山IC間(2013年度開通予定)の完成によって、中央道と東名高速が圏央道で接続されることになる。

(編集部:谷川 潔)
2012年 3月 26日