【最新ニュース】
メルセデス・ベンツ「Bクラス」発表会を開催
車両価格と維持費用をまとめてローンにする価格パッケージを用意

スピークス社長(左)と上野副社長

2012年4月25日開催



 メルセデス・ベンツ日本は25日、東京 六本木の同社ショールーム「メルセデス・ベンツ コネクション」で、同日発売した新型「Bクラス」の発表会を開催した。

メルセデス・ベンツ コネクションの前に並べられたBクラス。発表会開催まで黒いカバーが掛けられていた

クラスを超える新技術を投入
 2代目となる新型Bクラスの詳細は関連記事を参照されたいが、スペック的な先代との違いは、直噴ターボのダウンサイジングユニットとデュアルクラッチトランスミッション、アイドリングストップ機構の採用、2重フロア構造を廃し、全高を65mm下げたこと、リアサスペンションをリジッドアクスルからマルチリンクに変更したことなどがある。

 また、レーダー型衝突警告システムがこのクラスで初めて標準装備されるほか、ドライバーの疲労を検知して警告する「アテンションアシスト」、パーキングアシストリアビューカメラ、トルクベクトリングブレーキなどを標準で搭載し、レーダー型クルーズコントロール「ディストロニックプラス」をオプションで装備できるなど、さまざまな安全装備が用意されている。

 同社の上野金太郎副社長は新型Bクラスを「クラスを超える新技術、新装備を惜しみなく投入し飛躍的な進化を遂げた」と紹介。パワートレーンや安全装備のほか、ワイド&ローフォルムでよりスポーティーになったエクステリアや、上質かつ機能的なインテリアをアピールした。

B180 ブルーエフィシェンシー スポーツ ナイトパッケージ。大型化したグリル中央のスリーポインテッドスターの裏には、衝突警告システムのレーダーがある
ナイトパッケージの18インチホイール こちらはB180 ブルーエフィシェンシー スポーツの17インチホイール ミラーはウインカー内蔵
B180 ブルーエフィシェンシー スポーツ(含むナイトパッケージ)はポジション、ウインカー、リアコンビなどがLEDになる テールパイプは左1本出し ルーフ中央をくぼませてダブルバブルルーフ風に
直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンをフロントに横置きする
ステアリングホイールは全車マルチファンクション。「スポーツ」はスポーツステアリングになる ステアリングコラム左のレバーはワイパーとウインカーのコントロール。この下にクルーズコントロールのコントロールレバーもある 右がシフト操作のための「ダイレクトセレクト」レバー。シフトパドルは全車に付く
「スポーツ」のペダルはステンレス COMANDディスプレイ(左)とCOMANDコントローラーは全車に標準。ただしカーナビはオプション
運転席まわりの収納。アームレストの下にも収納がある
メーターパネル。中央のディスプレイには車間警告の車間距離表示(中)などが表示される
ラゲッジルーム。後席は2:1の分割可倒式で、中央にトランクスルーホールが備わる。トノカバーは標準装備
フロアボードの高さは2段階に変えられる。全車ランフラットタイヤなのでスペアタイヤやパンク修理キットは搭載しない シートバックテーブルはオプション
ダウンサイジングユニットとデュアルクラッチトランスミッションを採用 空力にもこだわり、「CLS」なみのCd値を達成
クラス初のレーダー型衝突警告システムを標準搭載。右はその動作を説明したムービー

 

新しい買い方

価格をパッケージ化して買いやすく
 同社のニコラス・スピークス社長が「私達はこれからもコンパクトカーに対するフォーカスをさらに強めていく。Bクラスを皮切りとして、新たなお客様にアピールしていきたい。メルセデス・ベンツを持つことは憧れではあるが、お金的には難しいというお客様にもっと訴求していきたい」と言うとおり、比較的購入しやすいコンパクトセグメントには、若い新規顧客の獲得という使命がある。

 その一環として新型Bクラスには「新しい買い方」と呼ばれる「価格パッケージ」が用意された。これは5年間の残価設定型ローンに、メンテナンス・保証と自動車保険の費用を組み込んだもの。アクセサリーの価格を組み込むこともできる。車両価格と維持費用をまとめて月額払いにでき、さらに2.90%の特別金利を適用することで、買いやすくした。

 スピークス社長はこの「新しい買い方」について、「メルセデス・ベンツを所有するコストが今までとは全く違うのだという、新しいアイデアを提供したいと考えている。車両価格もメンテナンス費用も一括の価格として出すことによって、魅力的で分かりやすい価格パッケージを提供する」と述べた。「新型Bクラスは、革新的で、魅力的で、フレキシブルで、価格もお手頃」というのが、スピークス社長のメッセージだ。

新型Bクラスのプロモーションで使われるキーメッセージは「Play」(左上はTV CM)。Playを表現するさまざまなディスプレイがメルセデス・ベンツコネクションに展示された
3月に開催された「六本木アートナイト」で坂巻善徳氏がライブペインティングしたBクラス

 

発表会はスタッフ全員がTシャツとジーンズでお出迎え

若い層にアピール
 今週末から始まるゴールデンウィークから、Bクラスのプロモーションキャンペーンが始まるが、これも新規顧客を獲得すべく、幅広い層にアピールするイベントが多数用意されている。

 メルセデス・ベンツ コネクションでは、4月28日〜5月6日を「Bクラス ウィーク」として、ピストン西沢氏によるバーベキューパーティー(先着500名にスペアリブ1本とホットドックハーフサイズをプレゼント)、料理研究家の平野由希子さんによる料理教室、ラテアート世界チャンピオンの澤田洋史氏によるラテアート実演会が行われる。ただし、料理教室とラテアート実演会は参加者募集がすでに締め切られている。また、Bクラスの展示、試乗も行われ、試乗すると景品が当たる抽選会も実施される。詳細はBクラス ウィークのWebサイトを参照されたい

 また5月19日から、ジャズドリーム長島を皮切りに全国の三井アウトレットパークと軽井沢プリンスショッピングプラザでBクラスを巡回展示する。こちらも詳細は、Bクラス アウトレットキャラバンのWebサイトを参照されたい。

スタッフとハイタッチしながら登壇したスピークス社長。第一声は「イッショニアソビマセンカ?」
メルセデス・ベンツ コネクションで開かれるBBQパーティーのイメージ
ソーシャルトイアプリ「デジモ」にBクラスが登場。サービスエリアなどのスポットでさまざまなスキンを手に入れることができる

(編集部:田中真一郎)
2012年 4月 25日