【最新ニュース】
マツダ、ディーゼルエンジンで2013年のル・マン24時間に復帰
LMP2クラスに出場予定のデンプシーレーシングへエンジン供給

クリーンディーゼルエンジン「スカイアクティブ-D」ベースのレース用エンジン

2012年6月16日(現地時間)発表



1991年のル・マン24時間レースで優勝を果たした「マツダ 787B」

 マツダの米国現地法人であるマツダノースアメリカンオペレーションズのモータースポーツ部門「マツダモータースポーツ」は6月16日(現地時間)、マツダのクリーンディーゼルエンジン「スカイアクティブ-D」のレース用エンジンを、2013年の「ル・マン24時間レース」のプロトタイプ2(LMP2)クラスに出場するデンプシーレーシングへ供給すると発表した。

 今回発表されたレース用エンジンは、マツダ、マツダノースアメリカンオペレーションズ、スピードソースエンジニアリングが共同開発したもので、直列4気筒2.2リッターエンジンをベースに2ステージターボチャージャーを搭載。出力などのスペックは公表されていないものの、すでにベンチテストは始まっており、今年度の後半に走行テストを開始するとしている。

 今回の発表について、マツダノースアメリカンオペレーションズのジェイ・アメストイ副社長は「1991年、私たちはロータリーエンジンで勝利し、歴史をつくった。そして今、モータースポーツの歴史でもっとも先進的かつクリーンな量産ベースのエンジンで、新たな勝利を予見しています。今回は、世界耐久選手権(WEC)やアメリカンルマンシリーズ(ALMS)のLMP2クラスに参戦する、欧州および米国のチームにエンジンを提供するという方法で、ルマンを戦うことになります」と述べている。

 また、マツダ グローバル販売&マーケティング担当執行役員の毛籠勝弘氏は「今回、革新的なクリーンディーゼルエンジン『スカイアクティブ-D』をベースにしたレース用エンジンをカスタマープログラムとして提供し、プライベーターのルマン挑戦をサポートできることを嬉しく思っています」と語っている。

(編集部:小林 隆)
2012年 6月 18日