【最新ニュース】
日産リーフを1カ月間借りて使ってみた(中編)
10時間掛けて435km走破、結構遠いぞ郡上八幡までの道


日産リーフで片道約500km走って世界遺産の白川郷に訪れてみた

 日産リーフを借りての1カ月生活。前編ではEVの充電インフラにはまだまだ不満があること、そしてリーフがお買い物車としてはなかなか優れものであることを述べたが、中編と後編では苦手だと思われる長距離運転について。自宅のある横浜から岐阜県にある郡上八幡、そして世界遺産にもなった白川郷に2泊3日で行ってみたので、その模様をお伝えする。

 旅行に行ったのはお盆の後半、8月15日〜17日。奧さんを連れての旅行となった。旅行先は単にキヤノンのCMを見ていて白川郷に行ってみたくなったというのもあるが、実は高速道路上には東名、新東名以外だとほぼ急速充電施設がなく、必然的にEVでの遠出は東名沿いに限られてしまったという理由もある。早いところ東名以外でも急速充電設備を充実させていただきたい。

 長距離を走る場合、当然途中で何度も充電する必要がある。急速充電では80%までしか充電できないため、1回の充電で100km走れたとして走行時間が1時間+充電時間30分。つまり100km走るのに1時間30分必要という計算になる。郡上八幡まで400km超、6時間以上は掛かる計算だ。

 しかし実際にはそんなに簡単にはいかない。というのも、高速道路上には、大体60km程の間隔で充電器があるのだ。つまり1つ飛ばすと120kmで急速充電1回の走行距離では届かない。つまり半ば強制的に充電器のあるすべてのSA(サービスエリア)に立ち寄らなければならないわけだ。60kmといえばどんなに悪条件でも届く距離ではある。インフラの第一歩としては実に無難な配置ではあるが、使う側にしてみると実に自由度のない配置でもある。

 ただし唯一充電回数を減らせる可能性があるのが、満充電からスタートできる初めの1回だ。満充電からならばエアコンを使いながらでも120kmくらいは届くハズだ。

 調べてみると、筆者宅の最寄りの横浜青葉IC(インターチェンジ)から東名に乗って最初の充電設備が海老名SA、ここはさすがに近すぎるので素通り。次が足柄SAでその先新東名と東名に別れる。距離で行くと新東名の駿河湾沼津SAが近く、約100kmとおそらく確実に届く範囲。

 東名の方だと富士川SAが次で横浜青葉ICからの距離は約120km。満充電でスタート時点の走行可能距離は147kmの表示。これならばこちらも問題なく届くハズ。

 では新東名を使うか東名を使うかが問題だ。普通に考えれば距離も短く、勾配の少なさゆえ電費的にも期待ができる新東名を使いたい。駿河湾沼津SAならば横浜青葉ICから充電せずにたどり着けることは確実で、そうなれば充電回数を1回減らし、その分時間も短縮できる。

 しかし新東名で懸念されるのが混雑でSAに入れないことだ。新東名はSAが満車になることは珍しくない。さらに入れたとして他のリーフが充電していたらそれだけで数十分の時間ロスになる。さらに最悪の場合、その後の充電ポイントでも同じクルマに先を越され続けることになってしまう。ならば、おそらく一般の利用者にもリーフユーザーにも人気の少ないであろう東名を選んだほうが無駄な待ち時間を減らせる可能性が高い。

 とは言え、新東名でもっとも混雑するのは最初の駿河湾沼津SA。出発したのは早朝の4時過ぎだから、混雑する前に駿河湾沼津SAにたどり着けてしまえば後はとんとん拍子にいくかもしれない、などと、とにかく頭を悩ませながらクルマを出発させた。

近所のサンクスで満充電にして出発に備えたリーフ 満充電の状態で航続可能距離は145kmの表示 新東名を使うか東名か、最後まで悩みながら横浜青葉ICを出発

 走り始めて気がついたのだが、リーフのナビはよくできていて、なんとSAの混雑状況を確認することができるのだ。それで確認してみると5時前の時点ですでに駿河湾沼津SAは混雑の文字。やはりお盆の新東名は危険か?

 混雑しているとなれば他のリーフが充電をしている可能性も高い。1台ならまだよいが2台並んでいたら1時間近く待つことになる。そう考えると、とてもじゃないが新東名を走る気はなくなった。まぁ省電費運転で走れば富士川SAでも届くだろう。

足柄の山がリーフの電力を奪う
 東名を走るルートは決まった。次の課題は足柄SAでの充電をしないで富士川SAまでたどり着くことだ。充電を1回減らせれば30分短縮することができる。

 リーフはEVなので、高速道路だから燃費がよくなるようなことはない。スピードを出しすぎると空気抵抗で電費が悪化する。むしろ渋滞でとろとろ走っている方が航続可能距離が伸びることさえある。なので80km/hで巡航する。

 しかし大井松田あたりにくると、いくらゆっくり走っていても航続可能距離が目に見えて減り始める。オドメーターが進むより速いテンポで航続可能距離が減るのだ。

 原因は上り坂だ。東名高速でもっとも標高が高いのが足柄SA付近。つまりさっきからずっと坂を上り続けているのである。

 この時点でナビの目的地設定は富士川SAにしていたのだが、足柄SAの8km手前でナビが「このままでは目的地にたどり着けない可能性があります」と警告を始めた。

EVにとって高速走行はあまり得意ではない。なのでトラックをペースメーカーにしてゆっくり走る 富士川SAを目的地に設定したナビが足柄SA手前で目的地に到達できない可能性があると警告してきた この警告が出ると、現在地周辺から充電スポットを検索してくれる

 これにはかなりあせった。足柄SAを過ぎればその先は下りになるはず。しかし富士川SAまでずっと下りというわけでもないし、下りでどれだけ電費が回復するかも未知数だ。旅行の滑り出しで電欠なんていう事態は絶対に避けなければならないので、万全を期して足柄SAで充電することにした。

 実はこの後確信したのだが、リーフの航続可能距離は直近の電費に合わせてリニアに変化させている。つまり上り坂(電費のわるい状態)がしばらく続いたので、その状態が今後もずっと続いた想定として、かなり厳しい数字を出していたのだ。

 というのも足柄SAに到着した時点でバッテリーの目盛りが残り4で到達可能距離が30km。通常だと残り4目盛りなら到達可能距離は40〜50kmは残っている。さらに急速充電後も残り10目盛り(12目盛り中)で航続可能距離が73km。いつもなら110〜120km程度を表示するはずだ。

 さらに足柄SAを出発すると、やはり長い下り坂が続くのだが、走り始めるとみるみるうちに航続可能距離が増え始める。決して回生してバッテリー残量が増えている訳ではない。足柄SAから16km走ったところ、電池残量は1目盛り減ったが航続可能距離は131kmまで伸びた。つまり下り坂で電費のよい状態が続いたためだ。

最初からリスクを冒す訳にもいかないのでやむを得ず足柄SAに立ち寄ることに 足柄SAに限った話ではないが急速充電器の案内看板は小さすぎると思う 足柄SA到着時点の状態。満充電から74.3km走って残り30km。足し算すると104.3km。上り坂が続いて電費が悪化した結果だ
足柄SAから富士川SAまでは42km。残り30kmと言われるとチャレンジする気にはなれなかった 急速充電中。リーフは給電口が前にあるためクルマを少し後ろに駐めている 足柄SAからは天気次第で富士山を望むことができる。またロッテリアにはここでしか買えないハンバーガーなどもあってなかなか楽しめる
あまり電気が減っていなかったこともあって、17分58秒で充電が終了 80%充電で10目盛りまで充電できたが、航続可能距離は73kmと、これまで経験したことがない厳しい数字が出た 足柄SAを出発すると、これまでとは逆に下り坂が続く。足柄SAから16.4km走った時点で航続可能距離は131kmまで伸びた

急速充電なのにほぼ満充電のなぞ!?
 続いて寄ったのが富士川SA。足柄SAから富士川SAまではオドメーターで47.7kmでバッテリーメーターで3目盛りを消費した。つまり、絶対とは言えないが、やはり足柄SAに寄らなくても富士川SAまでは辿り着けたのではないかと思う。

 ちなみにこの時点での航続可能距離は77kmで、次の牧之原SAまではナビの案内では66km。この数字だけ信じれば富士川SAは寄らなくても平気そうだが、足柄SAの時とは逆で下りが多く電費もよさそうなので、この77kmを鵜呑みにしてしまうのは怖そうだ。

 ところでNEXCO中日本の管理する東名上の急速充電器は、事前に登録しておくことで1回100円で利用することができる。1回の最大充電時間は30分で、急速充電の場合、安全性を考えて80%までしか充電できないことになっている。実際には完全に空になってから充電するわけではないので、30分も掛からず満タン(80%充電)になる。

 しかし富士川SAでは不思議なことが起きた。足柄SAから富士川SAまでで減った電気はたった3目盛り。なので15分も掛からずに80%まで充電が終わるだろうと思っていた。しかし、なぜかきっかり30分充電が続き、いつもなら9〜10目盛りまでしか充電されない急速充電で11目盛りまで充電でき、航続可能距離も136kmという頼もしい数字になった。

 富士川SAから次の充電ポイントの牧之原SAまでは66km、さらに次の浜名湖SAまでは120km。もしかしたら牧之原SAをスキップできるかもしれない。牧之原SAの時点でどうするか決めることにした。

足柄SAに続いて急速充電器のある富士川SAに寄った 足柄SAから47.7km走って残り77km。足柄SA出発時も航続可能距離は77kmだった。走行状況によってそれだけ差が出るということだ 富士川SAから牧之原SAまでは66km。予測どおりなら富士川SAはパスしてもよかったかもしれない
充電中。足柄SAで6目盛りの充電が約18分だったのですぐに充電は終わると思っていた NEXCO中日本の急速充電器は1回100円で使える。ただし事前に登録して認証カードを手に入れておく必要がある 天気に恵まれれば富士川SAからも富士山を望むことができる
予想とは裏腹に充電にはまるまる30分掛かった 通常急速充電では80%までの充電のハズが90%くらい充電された。そして航続可能距離は136km!! 浜名湖SAまでは120km、これなら次の牧之原SAをパスしても辿り着けそうだ

航続可能距離、小なり、目的地までの距離
 ガソリン車で走っているとあまり気にならないが、EVで走っているとアップダウンにナーバスになる。今まであまり気にしていなかったが牧之原SAも比較的標高の高いところにあるようで、牧之原SAの手前も登坂車線があるほどの坂になっている。

 その結果やはり航続可能距離がバッテリーの目盛りのワリに減っていて、牧之原SA付近で残りの航続可能距離は47km、ナビで浜名湖SAまでの距離は50km。もちろんナビは充電をするようにと催促してくるが、浜名湖SAは浜名湖のすぐ横にあるSAで標高は決して高くない。ここから下りが続くとなればいけるハズだと賭けに出た。

牧之原SAの手前は登坂車線があるほどの上り坂が続く 牧之原から浜名湖SAまでは約50kmで航続可能距離は47kmの表示だが、おそらく上り坂で電費が悪化した結果。浜名湖SAは標高が低いのでいけると踏んだ

 結果は見事浜名湖SA到着!! しかし残りバッテリー1目盛り、航続可能距離わずか9kmという状態で、メーターと言い、ナビと言い、あらゆるところにバッテリー残量警告が出ている状態だった。

 しかしリーフの航続可能距離は、バッテリー残量が減ってくるほど誤差も減る。なので、慣れてくると心理的には余裕ができてくる。

 浜名湖SAに到着したのは丁度8時30分。浜名湖SAの朝食バイキングで朝ご飯を済ませる。充電の30分をどのように過ごすかも、リーフで長距離ドライブをするときは重要だ。その点、御殿場SA、富士川SAとも富士山が見えるし設備も充実していて同乗者にも飽きさせなくてありがたい。

浜名湖SAまで残り2.3kmの時点で航続可能距離は13km。メーターやナビにバッテリー残量を警告する表示が出る なんとか浜名湖SAに到着
浜名湖SAまで118.9km走って残り9km。急速充電1回の走行距離としてはかなりよい数字だ 時間も9時を過ぎ浜名湖SAではたくさんのお店からおいしそうな香りが漂ってくる リーフを充電しながら朝食はバイキングを選択
朝食を食べている間にリーフの充電も完了 9目盛りまで復活して航続可能距離は107km 次の上郷SAまでは57kmなので余裕だ

 浜名湖SAの次は上郷SAだが問題はそこから先にある。目的地の郡上八幡は東海北陸道沿い。しかし東名から外れた時点で高速道路上に充電施設がなくなってしまう。郡上八幡には、急速充電ができる日産ディーラーがあるが、そこまでは120km程度あるのでわずかに届かない。しかもおそらく後半は上り坂が続くことを考えると、できるだけ余裕を持っておきたい。

 そのため岐阜各務原ICで降りて「岐阜日産 にっさんパーク金園通り店に立ち寄ることにした。丁度旅行初日は日産ディーラーがお盆でお休み中。お盆中の日産は急速充電器を24時間開放しているのだ。

 途中で高速道路を降りるのでちょっと高速代は増えてしまうが、燃料代がほとんど掛かっていないのでこれくらいの出費はまったく問題ない。

 にっさんパーク金園通り店はお盆中もスタッフが常駐していて対応してくれた。さらに法人会員なので525円を払おうとしたが、お盆中なのでとサービスしてくれた。ありがとうございます。

上郷SAに到着 59.2km走って残り48km。急速充電1回の走行距離としてはこの辺が標準のようだ 上郷SAの充電エリアは普通の駐車マスなので正面から充電するリーフには使いやすい
10目盛りで航続可能距離は117km。急速充電と走行を繰り返しているため、左側のバッテリー温度表示が高くなっている 次の目的地は一度高速道路を降りて岐阜日産にっさんパーク金園通りに向かう。距離は73kmだ
東海北陸道のSAには急速充電器がないので、岐阜各務原ICで降りて日産ディーラーに向かう 岐阜日産のにっさんパーク金園通り店 お盆中もスタッフが常駐していて充電を行ってくれた
充電を終える頃には2台の充電待ちが! この辺りはあまり充電スポットが多くないのでこうなってしまうのだろう 急速充電後10目盛りで113km 今日の目的地、郡上八幡には岐阜日産郡上店があり、ここでも急速充電ができる。距離はここから54kmだ

夜通し踊り続ける街、郡上八幡に到着
 そしていよいよ初日の目的地、郡上八幡に到着。郡上八幡のディーラーはスタッフはいなかったが、こちらも急速充電器が開放されていて、セルフではあるが自由に充電することができた。スタートから約435km、時刻は14時15分なので約10時間の道のりとなった。

いよいよ郡上八幡ICだ。ここからは下呂温泉も近いのだが、充電施設がないので断念した ICのそばに日産郡上店はある。お盆中はだれもいないがセルフで無料充電が可能だった 岐阜から57.3km走って残り52km

 郡上八幡は郡上八幡城の城下町。決して大きな街ではないが、お城の麓の街には古い建物や景色が広がり、小京都の情緒を楽しむことができる。

 街中を少しリーフで走ってみたが、やはり走行音がほとんどしないため、通行人に気づいてもらえないこともしばしばあった。しかしリーフに乗っているとあまり急ぐような気分にはならないので、ゆっくりと観光を楽しむことができる。また、ゆっくり走っていると、「あれ、電気で走るクルマよ」なんて指さされることもあった。

 郡上八幡に来た一番の目的は郡上おどりだ。郡上おどりは日本三大盆踊りの1つ。7月中旬から9月上旬まで33夜に渡って開催される日本一長い盆踊りで、ちょうどお盆の8月13日〜16日は朝まで踊り続ける徹夜踊りとなる。

 宿は市街からは離れた場所になったが、宿から送迎のバスが出て、2時間程度ではあったが踊りに参加してきた。期間中の述べ来場者数が25万5000人とのことなので、おそらく1万人程度はいるであろう群衆が路地を埋め尽くし、全10種類の踊りを舞う姿は圧巻。見よう見まねで踊りの輪に入ってみると、時間が長いのでだんだん踊れるようになってきて、初参加でも楽しむことができた。見ていると毎年参加しているような常連客も多く、確かに日本の夏祭りを存分に満喫できた。

 また、郡上八幡は食品サンプルの生産でも有名な地で、日中は食品サンプルの体験などもすることができた。

郡上八幡城。実は東京の青山の地名の由来は、この郡上藩主の青山氏の江戸での屋敷があったためだと言う 城下町の風情が残った街並みに郡上踊と書かれた巨大な提灯がぶら下がる 街中のそこかしこで日本の懐かしい風情が感じられる
食品サンプルの生産でも有名な郡上八幡ではサンプル作りの体験もできる この日の宿は郡上八幡からは少し離れた高畑温泉 湯之本館だ 飛騨牛や郡上八幡の郷土料理をいただいた後、マイクロバスで郡上おどりの会場まで送迎してもらった
昼間にリーフで走った路地を埋め尽くす人だかりが、全10種類あるという郡上おどりを踊る。老いも若きも男も女も地元の人も観光客もみんな踊る。郡上おどりが見るものではなく参加するお祭りだということがよくわかる

 と、ずいぶん長くなってしまったので、中編はここまで。いよいよ次回は世界遺産の白川郷に向かう。

(瀬戸 学)
2012年 10月 1日