【最新ニュース】
マツダ、新型「アテンザ」「アテンザ ワゴン」を正式発表
JC08燃費はディーゼル6速ATが20.0km/L、6速MTがセダンで22.4km/L。2.5リッター車以外は免税車に

新型アテンザ、新型アテンザ ワゴン

2012年11月20日発売
250万円〜340万円



 マツダは11月20日、新型「アテンザ」「アテンザ ワゴン」を正式発表し発売した。価格は、250万円〜340万円。アテンザ、アテンザ ワゴンともすでにグレード体系や価格などは発表され、事前予約が開始されている。今回正式発表となったことで、JC08モード燃費値や正式な仕様などが明らかとなった。

アテンザ アテンザ ワゴン


ボディー 機種 エンジン 変速機 駆動方式 価格 JC08モード燃費
(km/L)
セダン 20S 直列4気筒 DOHC 2.0リッター
(SKYACTIV-G 2.0)
6速AT
(SKYACTIV-DRIVE)
2WD(FF) 2,500,000円 17.4
25S
L Package
直列4気筒 DOHC 2.5リッター
(SKYACTIV-G 2.5)
3,000,000円 15.6
XD
(クロスディー)
直列4気筒 DOHC 2.2リッターディーゼル
(SKYACTIV-D 2.2)
2,900,000円 20.0
6速MT(SKYACTIV-MT) 3,026,000円 22.4
XD
L Package
6速AT
(SKYACTIV-DRIVE)
3,400,000円 20.0
ワゴン 20S 直列4気筒 DOHC 2.0リッター
(SKYACTIV-G 2.0)
6速AT
(SKYACTIV-DRIVE)
2WD(FF) 2,500,000円 17.4
25S
L Package
直列4気筒 DOHC 2.5リッター
(SKYACTIV-G 2.5)
3,000,000円 15.6
XD
(クロスディー)
直列4気筒 DOHC 2.2リッターディーゼル
(SKYACTIV-D 2.2)
2,900,000円 20.0
6速MT(SKYACTIV-MT) 3,026,000円 22.2
XD
L Package
6速AT
(SKYACTIV-DRIVE)
3,400,000円 20.0

 新型アテンザは、セダンとワゴンのボディータイプがあり、直列4気筒 2.2リッターのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」、直列4気筒 2.0リッターのガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」と、2.5リッターのガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」を用意。それぞれのグレードには、6速ATの「SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)」搭載車が用意されるが、SKYACTIV-D 2.2搭載のXDにのみ6速MTの「SKYACTIVE-MT(6MT)」が用意される。駆動方式はいずれも、2WD(FF)のみ。

 SKYACTIV-D 2.2、SKYACTIV-G 2.0搭載車は、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)によって、取得税、重量税が免税(100%減税)となり、SKYACTIV-G 2.5搭載車は、50%減税となる。

SKYACTIV-D 2.2 SKYACTIV-D 2.2エンジン性能曲線
SKYACTIV-G 2.5 SKYACTIV-G 2.5エンジン性能曲線 SKYACTIV-G 2.0エンジン性能曲線
6速AT ダウンシフト変速時間比較
6速MT

エンジン SKYACTIV-G 2.0 SKYACTIV-G 2.5 SKYACTIV-D 2.2
種類 ガソリン ディーゼル
排気量[cc] 1997 2488 2188
形式 直列4気筒 DOHC 16バルブ 直噴 直列4気筒 DOHC 16バルブ ターボ 直噴
最高出力[kW(PS)/rpm] 114kW(155PS)/6000rpm 138kW(188PS)/5700rpm 129kW(175PS)/4500rpm
最大トルク[Nm(kgm)/rpm] 196Nm(20.0kgm)/4000rpm 250Nm(25.5kgm)/3250rpm 420Nm(42.8kgm)/2000rpm
燃料種類 無鉛レギュラーガソリン 軽油

 正式発表で明らかになったJC08モード燃費は、SKYACTIV-D 2.2を搭載するセダンの6速MTが22.4km/L、6速ATが20.0km/L。ワゴンは6速MTが22.2km/Lとなるが、6速ATは20.0km/Lと同様の値となっている。SKYACTIV-D 2.2は、4.2リッターガソリンエンジン並みの420Nm(42.8kgm)の最大トルクを2000rpmで発生。最高出力は129kW(175PS)/4500rpmと、2.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」搭載車の138kW(188PS)/5700rpmに譲るものの、より低い回転数で発生させている。

 また、アテンザでは電気二重層キャパシタ(EDLC)を使った減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」が組み込まれている。このi-ELOOPは、効率的な発電を行うオルタネータと、電気エネルギーを蓄えるキャパシタから構成されている。エンジンの動力を使っての常時発電を廃することで、加速時は100%の動力を使えるようにし、減速時にのみオルタネータが発電してキャパシタに電気を蓄え、それを適宜利用していく。加速中のエンジンを発電の仕事から開放することができるほか、アイドリングストップ時間も長くできるようになった。

i-ELOOPのシステム構成 メーターパネル内に動作状態が表示される

「魂動」をテーマとしたエクステリアデザイン
 エクステリアデザインのテーマは、新世代マツダ車共通のテーマとなっている「魂動(こどう)」を採用。シグネチャーウイングの刻まれたフロント部、3本の特徴的なラインを持つサイド部、そのラインがスムーズに収束していくリア部と、生産工程の工夫も行うことで、高いデザイン性を維持したまま市販車として登場した。

 ボディーサイズなどは、別表の値を見ていただきたいが、セダンが全長4860mm、ホイールベース2830mmに対し、ワゴンは全長4800mm、ホイールベース2750mmとなっており、ワゴンのほうが若干コンパクトなものとなっている。これは、Bピラー以降の異なる個所で差が付いており、セダンは後席を広く取り、ワゴンはラゲッジルームを広く取る。マツダのスタッフによると、セダンとワゴンの使われ方の違いにより、4人の大人で旅行する機会が多いのなら後席がゆったりしたセダンを、2人の大人と子供での旅行する機会が多いのならラゲッジルームが広いワゴンをという狙いによる。

ボディーカラーバリエーション
セダン XD L Packageのインテリア
ワゴン XD L Packageのインテリア
L Packageには、ブラックとオフホワイトのインテリアカラーを用意 20SとXDではブラックのインテリアカラーのみとなる
セダンのトランク。定員乗車時の容量は483L(VDA方式) ワゴンのラゲッジルーム。定員乗車時の容量は506L(VDA方式) 後席フォールダウン時
静粛性対策も徹底して行われている


ボディー形状 セダン ワゴン
全長×全幅×全高[mm] 4860×1840×1450 4800×1840×1480
ホイールベース[mm] 2830 2750
定員[名] 5
最小回転半径[m] 5.6 5.5

先進安全技術をフル装備
 マツダでは、マツダ レーダー クルーズ コントロール(MRCC)、前方衝突警告システム(FOW)、車線逸脱警報システム(LDWS)、リアビークルモニタリングシステム(RVM)など多数の先進安全技術を開発。それらを総称して「i-ACTIVSENSE」としており、マツダのフラッグシップとして登場するアテンザは、現在同社が持つすべての先進安全技術を搭載したクルマになる。L Packageには標準装備、そのほかのグレードには一部オプション設定となっている。

マツダの先進安全技術をフルに装備する

新型アテンザ主要諸元

グレード アテンザ XD L Package アテンザ ワゴン 25S L Package
トランスミッション 6速AT 6速AT
定員[名] 5
全長×全幅×全高[mm] 4860×1840×1450 4800×1840×1480
ホイールベース[mm] 2830 2750
前後トレッド[mm] 1595/1585
最低地上高[mm] 160
室内長×室内幅×室内高[mm] 1960×1550×1170 1930×1550×1170
エンジン 直列4気筒 DOHC 2.2リッターディーゼルターボ 直列4気筒DOHC 2.5リッター直噴
最高出力 129kW(175PS)/4500rpm 138kW(188PS)/5700rpm
最大トルク 420Nm(42.8kgm)/2000rpm 250Nm(25.5kgm)/3250rpm
使用燃料 軽油 無鉛レギュラー
JC08モード燃費[km/L] 20.0 15.6
重量[kg] 1510 1470
ステアリング形式 ラック&ピニオン
前/後サスペンション マクファーソンストラット/マルチリンク
主ブレーキ形式 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 225/45 R19

【2014年2月10日 訂正】SKYACTIV-D 2.2のエンジン性能曲線を変更するとともに、SKYACTIV-G 2.0のエンジン性能曲線を追加しました。変更理由については、マツダのWebサイト(http://www.mazda.co.jp/philosophy/tech/env/info/20140207.html)をご覧ください。

(編集部:谷川 潔)
2012年 11月 20日