ニュース

三菱自動車、「i-MiEV」に新グレード「X」を設定して価格を引き下げ

一部改良した「MINICAB-MiEV VAN」も価格引き下げで約156万円から

i-MiEVの新グレードであるX
2013年11月14日発売

i-MiEV:245万9100円〜290万1150円

MINICAB-MiEV:216万5100円〜259万8750円

 三菱自動車工業は11月14日、電気自動車(EV)の「i-MiEV」、軽商用電気自動車(EV)の「MINICAB-MiEV VAN」をそれぞれ仕様変更して発売した。価格はi-MiEVが245万9100円〜290万1150円、MINICAB-MiEVが216万5100円〜259万8750円。

i-MiEV

グレード 価格 エコカー減税 2013年度補助金上限額(参考)
M 2,459,100円 免税 740,000円
X 2,901,150円 850,000円

MINICAB-MiEV VAN

グレード 価格 エコカー減税 2013年度補助金上限額(参考)
CD 10.5kWh 2シーター ハイルーフ 2,165,100円 免税 610,000円
4シーター 2,186,100円
CD 16.0kWh 2シーター 2,577,750円 850,000円
4シーター 標準ルーフ 2,598,750円
ハイルーフ

 i-MiEVは、これまで上級グレードとして販売してきたGグレード(バッテリー容量16.0kWh、一充電走行距離180km[JC08モード])に代わり、走行性能はそのままに価格を89万8850円引き下げた新グレード「X」を設定。エコカー減税の免税(100%減税)措置と上限85万円の「平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金」を活用することで、約205万円から購入可能な手が届きやすいモデルとなっている。また、エントリーグレードとなる「M」(バッテリー容量10.5kWh、一充電走行距離120km[JC08モード])も価格が14万900円引き下げられ、同じく補助金などの活用で約172万円からという価格設定になった。

 このほかに装備の充実も図られ、軽自動車として初めて全車に省電力型ヒートポンプエアコンを標準装備。ヒーターを使用した場合の電力消費が低下し、航続可能距離の減少が抑えられる。運転席・助手席に標準装備するシートヒーターは、これまでの座面に加えてシートバックも温める仕様に変更。ルームランプと連動するLED式の普通充電リッド内照明も全車に標準装備している。さらに急速充電器が普及してきたことを受け、急速充電機能が全車標準装備になっている。

 また、新グレードのXは従来モデルから約20%明るさを向上させたLEDヘッドランプを装備。Gグレードにメーカーオプション設定していた「プレミアムインテリアパッケージ」の装備内容に、本革巻ステアリング、本革巻シフトノブ、運転席ハイトアジャスターなどを追加して5万2000円で全車選択可能に変更。タイマー充電やプレ空調機能を備えた「MiEVリモートシステム」も5万2500円で全車オプション設定としている。

 安全面でもヘッドレストを大型化し、SRSカーテンエアバックを全車に標準装備して乗員保護性能を高めている。

補助金の適用で約156万円から手に入るようになったMINICAB-MiEV

 MINICAB-MiEV VANも価格が引き下げられ、CD 10.5kWhモデルは23万4900円、CD 16.0kWhモデルは37万2250円安くなった。これにより、一番安いCD 10.5kWh 2シーター車は補助金などの活用で約156万円から手に入る価格設定となっている。このほか、オプション設定の運転席・助手席シートヒーターがi-MiEVと同じ座面とシートバックの両方が温まる仕様に変更されている。

【お詫びと訂正】記事初出時、価格表内の年号に間違いがありました。お詫びして訂正させていただきます。

(編集部:佐久間 秀)