ニュース

ホンダ、「第30回大阪モーターサイクルショー2014」で、新コンセプトモデル「NM4(エヌエムフォー)」

「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、市販を予定

NM4-01(マットバリスティックブラックメタリック)
2014年3月21日発表

 本田技研工業は3月21日、「第30回大阪モーターサイクルショー2014」(3月21日〜23日、インテックス大阪開催)において、新コンセプトモデル「NM4(エヌエムフォー)」を参考出品車(市販予定車)として世界初公開した。

NM4-02(パールグレアホワイト)

 NM4は、「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、これまでのモーターサイクルとは一線を画した新感覚で独自のスタイリングを追求したモデル。コンセプトに掲げた「フロントマッシブスタイリング」と、ライダーが潜り込むようにして車両との一体感を重視した「コックピットポジション」を具現化し、低く構えたコックピットポジションと、アジャスタブルタイプのバックレストによって、新感覚のライディングフィールを楽しむことができるという。また、見やすさと楽しさを表現したインストルメントパネル越しに見える風景は、映画の世界に入り込んだかのようなNM4ならではの世界を提供するとしている。

 バリエーションは、ワイドで迫力のあるリアタイヤとローフォルムを強調し絞り込んだスタイリングの「NM4-01」と、独特の存在感とボリュームのあるリアデザインの「NM4-02」の2タイプを設定。NM4-02の左右のリアボディーには、ユーティリティーボックスとしての機能を持たせている。

 エンジンは直列2気筒 水冷4ストローク OHC 745cc、デュアルクラッチトランスミッションでリアタイヤを駆動する。

 なおNM4は、3月28日〜30日まで東京ビッグサイトで開催される「第41回東京モーターサイクルショー」にも出展される。

(編集部:谷川 潔)