ニュース

アルパイン、世界最大10型大画面ビッグXプレミアム「EX1000シリーズ」など

EX1000シリーズはGPSに加え「準天頂衛星 みちびき」「グロナス」「SBAS」による「クワッド受信」に対応

10型画面採用で高い視認性を発揮するビッグXプレミアム「EX1000-VE-GO」
2014年5月下旬から順次発売

オープンプライス

 アルパインは5月7日、同社の車種専用AVナビ「ビッグX」シリーズ、大画面・高画質モニター「リアビジョン」シリーズ、バックビューカメラなどの「ドライブセンサー」シリーズのニューモデルとなる2014年モデルを発表した。ビッグXシリーズは5月下旬から8月上旬、リアビジョンシリーズは5月下旬から8月、ドライブセンサーシリーズは5月下旬から8月上旬の発売予定。価格はビッグXシリーズとリアビジョンシリーズはオープンプライス、ドライブセンサーシリーズは1万1800円〜3万700円(税別)となっている。

ビッグXシリーズ

 2014年モデルのトピックは、ハイグレード車種専用カーナビ「ビッグXプレミアム」に、市販型カーAV/ナビゲーション一体機として世界最大(5月7日時点)という10型画面を採用する「EX1000シリーズ」が新しくラインアップされたこと。透過率が高いガラス静電パネルと低反射フィルムを備えるスーパークリアパネル液晶の10型画面は、一般的な7型画面と比べて約2.3倍の面積となり、視認性の高さと多彩な情報表示を可能とする。

 また、自車位置精度を向上させるため、従来のGPS受信に加えて「準天頂衛星 みちびき」「グロナス」「SBAS」という4つの衛星から情報を受ける「クワッド受信」に対応。後退時のバックビューカメラ表示時の新機能として、バックドアを開ける場合のクリアランスを勘案してガイド線を表示する「バックドアガイド線」の表示設定を追加し、DVDビデオを後席用モニターで表示できる「ダブルゾーン機能」では地上デジタル放送の表示も可能になった。このほか、アルファードハイブリッド/ヴェルファイアハイブリッドに対応するハイブリッドカー専用エネルギーモニター・ボックス「EDP-Z50-AVH(2万円。消費税、取り付け工賃別)」を装着した場合、ナビ画面でバッテリーの状況などを確認できるエネルギー状態を表示可能になった。

 店頭予想価格は、「EX1000シリーズ」のアルファード/ヴェルファイア専用モデルが22万8000円前後、ヴォクシー/ノア専用モデルが21万8000円前後。「EX900シリーズ」のアルファード/ヴェルファイア/ハリアー専用モデルが19万8000円前後、そのほかの車種専用モデルが18万8000円前後。「EX800シリーズ」の各車種専用モデルが17万8000円前後。「X900シリーズ」が17万8000円前後。「X800シリーズ」の各車種専用モデルが16万8000円前後。「700Wシリーズ」「700Dシリーズ」の各車種専用モデルが10万円前後。

一体感を高めるため、「EX1000シリーズ」のアルファード/ヴェルファイア専用モデルではセンターコンソールのクラスターパネルも専用開発している
世界最大を誇る10型の大画面で圧倒的な存在感と視認性の高さを発揮
「EX1000シリーズ」はアルファード/ヴェルファイア、ヴォクシー/ノアに対応
9型画面の「EX900シリーズ」は、写真のオデッセイ(左)やフリード(右)のほか17モデルを車種専用にラインアップ
8型画面となる「EX800シリーズ」は、セレナ(左)のような普通車に加え、軽自動車のN-BOXにも対応。5モデルをラインアップする
9型画面のビッグXシリーズ「X900シリーズ」はヴォクシー/ノア専用モデルとして初登場
48モデルをラインアップする8型画面のビッグXシリーズ「X800シリーズ」
トヨタ、日産、ダイハツの200mmワイドコンソールモデルにフィットする「700Wシリーズ」は、運転席から手が届きやすい右サイドに操作スイッチ類をレイアウト
7型画面の「700Dシリーズ」は写真のワゴンRなど4モデルに専用設定

リアビジョンシリーズ

ヴェルファイアに装着された11.4型モデル「PCH-RM4500B」

 天井取付けタイプとアーム取付けタイプが用意されているリアビジョンシリーズの2014年モデルでは、天井取付けタイプに画面が大きくなった11.4型が新たに登場。天井取付けタイプが11.4型、10.1型、9型の3種類、アーム取付けタイプが10.1型、9型の2種類となった。また、両取付けタイプにHDMI接続の対応モデルを用意し、スマートフォンなどに収められた動画や写真などを表示可能となっている。さらに天井取付けタイプのプラズマクラスター技術搭載モデルでは、標準運転時の約2倍の高濃度プラズマクラスターイオンを放出する「ターボモード」を追加した。

 店頭予想価格は、天井取付けタイプのハイエンド製品となる11.4型モデル「PCH-RM4500B」が10万円前後。画面サイズが10.1型となる「PCH-RM3505シリーズ」が8万円前後。画面サイズが9型となる「PCH-RM955B」が7万円前後。画面サイズが10.1型でHDMI接続非対応の「PCX-RM3505シリーズ」が7万5000円前後。天井取付けタイプでプラズマクラスター技術非搭載の11.4型モデル「TMH-RM4200B」が9万円前後。同10.1型モデルの「TMH-RM3505シリーズ」が8万円前後。画面サイズが9型でHDMIとプラズマクラスター技術非搭載の「TMX-RM905B」が5万円前後。アーム取付けタイプの10.1型モデル「PKH-M1000SV」が4万円前後。9型モデル「PKH-M900SV」が3万5000円前後。このほか、車種専用タイプの「PKH-M900SVシリーズ」が4万5000円前後となっている。

プラズマクラスター技術搭載モデルに強/弱に加え、ターボモードが追加された
フロントシートのヘッドレストを利用して固定するアーム取付けタイプ。画面サイズは10.1型、9型の2種類

ドライブセンサーシリーズ

HCE-C920シリーズのカメラユニット。写真のブラックに加え、ホワイトも用意されている

 2014年モデルでは画質を追求するためバックカメラを新開発。新登場した「HCE-C920シリーズ」はワイドな視界と歪みの少ない映像を写しだし、色調も見やすくチューニングされている。

車種専用タイプのモデルでは、後退時のステアリング操作に応じて予測される車両方向の描写も可能
2014年モデルのビッグXシリーズなどで新採用された「バックドアガイド線」の表示

(編集部:佐久間 秀)