ニュース

スバル、クラス初の電子制御4速ATを採用した新型「サンバー トラック」

新開発ボディーで「56km/hオフセット衝突」に対応する衝突安全性能を獲得

「ブルー・マイカメタリック」のサンバー トラック
2014年9月2日発売

65万3400円〜121万2840円

 スバル(富士重工業)は9月2日、軽商用車の新型「サンバー トラック」を発売した。価格は65万3400円〜121万2840円。

グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
TB 直列3気筒DOHC 0.66リッター 5速MT 2WD(FR) 653,400円
4速AT 750,600円
5速MT 4WD 804,600円
4速AT 901,800円
TC 5速MT 2WD(FR) 964,440円
4速AT 1,061,640円
5速MT 4WD 1,115,640円
4速AT 1,212,840円

 プラットフォームを一新した新型サンバー トラックは、「仕事でも普段使いでもより快適に安全にお乗りいただける商品」を目指して開発を実施。ボディー構造の見直しや高張力鋼板の採用拡大により、最新衝突法規である「56Km/hオフセット衝突」にも対応する優れた衝突安全性を実現したほか、新採用した4速ATはクラス初の電子制御。排気系の改良などとも合わせて車内での静粛性を向上させている。

 パッケージングも新しくなり、ドライバーのアイポイントからフロントウインドーまでの距離や室内幅などを拡大したことで開放感を高めたほか、運転席シートのスライド量を拡大して最適な運転姿勢をとりやすくし、低フロア化と合わせてドア開度を拡大。乗降スペースを広げてスムーズな乗り降りを可能にしている。

サンバー トラック TC
荷台の積載性に関する各種データ
直線基調のデザインとなったインパネには多数の収納スペースを設定

 足まわりではフロントサスペンションの構造見直しを行い、ステアリングの取り付け剛性をアップ。ノーズダイブを低減させ、優れた操縦安定性を確保したほか、最小回転半径は3.6mとして狭い場所での取り回しを改善した。エンジンでは電子制御スロットルを採用し、圧縮比をアップさせて燃焼効率の向上を実施。バッテリーの充電制御、フューエルポンプの省電力化などでも燃費性能の向上を図り、JC08モード燃費は最高で19.6km/Lまで高めている。

 外装色にはホワイトを設定するほか、TCグレードにオプションとして7色のボディーカラーが選べる「カラーパック」を設定。乗用車感覚でも使える軽トラックとしている。

TCにオプション設定する「カラーパック」では、「ミストブルー・マイカメタリック」(左)、「トニコオレンジ・メタリック」(中央)、「オフビートカーキ・メタリック」(右)など華やかなボディーカラー7色から選べるようになる

(編集部:佐久間 秀)