ニュース

国土交通省、東関道直結となる圏央道 神崎IC〜大栄JCT間の開通を5月までに延期

盛土工事で想定以上の圧密沈下が発生したため

2015年1月27日発表

延期される圏央道 神崎IC〜大栄JCT間と全体図

 国土交通省関東地方整備局は、NEXCO東日本(東日本高速道路)と共同で事業を進めている圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の神崎IC(インターチェンジ)〜大栄JCT(ジャンクション)間(10.0km)の開通予定を、2014年度末から2015年5月までに変更した。

 同区間では年度内の完成に向け、地元の協力を得て休祭日の施工や施工時間の延長を行いながら工事を実施してきたが、当該区間内における軟弱地盤上での盛土工事で想定以上の圧密沈下が発生。追加の軟弱地盤対策が必要になった。これを受けた工事工程の見直しにより、5月までに開通できる見通しであるとしている。

(編集部:佐久間 秀)