ニュース

スズキ、ハンガリー生まれの新型クロスオーバー「SX4 S-CROSS」

新4WDシステム「ALLGRIP」採用

2015年2月19日発表

204万1200円〜225万7200円

新型クロスオーバー「SX4 S-CROSS」

 スズキは2月19日、新型クロスオーバー「SX4 S-CROSS(エスエックスフォー エス クロス)」を発売した。価格は204万1200円〜225万7200円。SX4 S-CROSSはスズキの世界戦略車としてハンガリーのマジャールスズキで生産され、日本に輸入されて販売される。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格 エコカー減税(取得税/重量税)
SX4 S-CROSS 直列4気筒DOHC 1.6リッター VVT CVT(7速モード付き) 2WD(FF) 2,041,200円
4WD 2,257,200円 60%/50%

 SX4 S-CROSSはスズキがかつて販売していたコンパクトハッチバック「SX-4」の流れをくむ新型クロスオーバー。エンジンはスイフトスポーツなどにも搭載されているM16A型を採用し、7速モードを備える副変速機構付きCVTと組み合わせる。ボディーサイズは4300×1765×1575mm(全長×全幅×全高)でホイールベースは2600mm。車両重量とJC08モード燃費は、2WD(FF)車が1140kgで18.2km/L、4WD車が1210kgで17.2km/Lとなっている。ボディーカラーは新色の「クリスタルライムメタリック」「クールホワイトパール」を含む全4色をラインアップ。

「エアロダイナミクス×エモーション×クオリティ」がデザインテーマ。ブラックのボディー下側とフェンダーアーチ、前後左右のシルバーアンダーガーニッシュ、インテグレーテッドタイプのルーフレールなどを採用して力強いクロスオーバースタイルを表現している
全車ディスチャージヘッドランプを標準装備。ポジションランプは8灯LEDタイプとなる
黒いフェンダーアーチモールがタフさを表現
シルバーアンダーガーニッシュを前後バンパーなどに設定
切削加工とブラック塗装を組み合わせる17インチアルミホイールを標準装備。タイヤサイズは205/50 R17
新色の「クリスタルライムメタリック」
新色の「クールホワイトパール」
「ブーストブルーパールメタリック3」
「コズミックブラックパールメタリック」

 搭載する直列4気筒DOHC 1.6リッター VVTエンジンのM16A型は、ピストンリングの張力低減やピストン&コンロッドの軽量化、ベアリング幅の低減、クランクシャフトの細軸化などによってフリクションを低減。最高出力86kW(117PS)/6000rpm、最大トルク151Nm(15.4kgm)/4400rpmを発生。また、ボディーには高張力鋼板化を多用して剛性強化と軽量化を両立。インパネ樹脂パーツの見直しやエンジン&サスペンションの軽量化などと合わせ、従来型にあたるSX4からサイズアップしているにもかかわらず、同じ2WD車比で車両重量を50kg軽量化している。

 新採用となった「ALLGRIP」は、センターコンソールのシート脇に設定された「ALLGRIPモードスイッチ」を使い、「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4つの走行モードを選択しながら運転できるシステム。ドライバーが選択したモードごとに、電子制御4WD、エンジン、CVT、ESP、車両運動協調制御システムを路面状況や運転操作などに応じて最適にコントロール。クロスオーバーらしく走行安定性と走破性を高度に両立させる。

 このほか、エンジンマウントシステムを車体にエンジン振動が伝わりにくい「ペンデュラム式」に変更。エクステリアデザインの検討段階から空力性能を追究して風切り音の発生を抑え、ドアシールの2重化、ダッシュインナーサイレンサーの拡大と板厚アップ、フェンダーライニングの吸音材使用などの防音、防振対策を実施。静粛性が高く快適な車内空間を実現している。

M16A型エンジンは最高出力86kW(117PS)/6000rpm、最大トルク151Nm(15.4kgm)/4400rpmを発生
CVTの7速マニュアルモードはステアリングに装着されたパドルシフトでも変速操作が可能
押す、回すといった操作で4つのモードを切り替えて状況に応じた走行性能を発揮する「ALLGRIP」
ボディー骨格の要所に高張力鋼板化を使用。重量軽減で走行性能と燃費を高め、万が一の衝突時にもしっかりと衝撃を吸収する
サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット式、リアがトーションビーム式。リアには軽量化と高剛性化を両立させてコーナーリング時の安定感を高める「パイプ潰しビーム」を採用している

 車内スペースはSX4からボディーサイズの全長が150mm、ホイールベースが100mm拡大していることを活用し、室内長を20mm増やしたほか荷室容量も従来比167L増の420Lとしている。また、フロントシートのシートバック形状を変更してリアシートのレッグスペースを広げ、ドア開口部をフロント17mm、リア22mm拡大して乗降性も高めている。5人乗車時でも420Lの容量を確保するラゲッジスペースは、リアシートを6:4分割可倒式として用途ごとに使い分け可能としたほか、ラゲッジスペースのフロアに上下2段階で高さ選択できるラゲッジボードを設定。リアハッチの開口スペースも横幅をSX4から75mm増の1125mm、地上高を60mm下げた695mmとして使い勝手を向上させている。

4WD車のインパネ。インパネ前面にソフトパッドを使い、要所にシルバー加飾を施して上質感を演出
本革巻ステアリングは上下のチルト機能、前後のテレスコピック機能を備える
メーターパネルは大型2眼式で、中央に平均燃費や平均車速などを表示できるマルチインフォメーションディスプレイを配置
クルーズコントロールシステムを全車標準装備
シフトセレクターにもシルバー加飾を用いる
左右独立温度調節機能付きのフルオートエアコンを全車で採用。4WD車にはリアヒーターダクトも設定する
高効率パッケージングにより車内スペースを拡大。4WD車のフロントシートには高低2段階調節が可能なシートヒーターを内蔵。後席のシートバックは1段階の角度調節機能を持つ
フロントシートのセンターアームレストは前後スライドに対応。リアシートのアームレストは格納式でドリンクホルダーを設定
ラゲッジボードは上下2段階の高さ調節でラゲッジを使い分け。開いた状態で保持できるようになっており、荷物の出し入れが楽になるよう工夫されている

【お詫びと訂正】記事初出時、車両サイズの全高の数値が間違っておりました。正しくは1575mmになります。お詫びして訂正させていただきます。

(編集部:佐久間 秀)