ニュース

ホンダ、ハイブリッドスポーツ「CR-Z」をマイナーチェンジ

内外装を刷新するとともに、リアトレッドを10mm拡大

2015年10月19日 発売

リアトレッドを10mm拡大するなど走りの面でも手が入れられたハイブリッドスポーツ「CR-Z」

 本田技研工業は、スポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」をマイナーチェンジして10月19日に発売する。価格は、270万円〜292万200円。

タイプ エンジン 変速機 駆動方式 価格
α 1.5リッターi-VTEC+IMA CVT 2WD(FF) 2,700,000円
6速MT 2,700,000円
α・Master label CVT 2,850,000円
6速MT 2,850,000円
α・Master label 2トーンカラースタイル CVT 2,920,200円
6速MT 2,920,200円

 今回のマイナーチェンジでは、タイプ構成をαとα・Master labelの2種に変更。フロントバンパー、フロントグリル、リアバンパー、サイドシルガーニッシュのデザイン変更や、電子制御パーキングブレーキ、「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」などを採用するなど内外装を刷新している。

 また、走行性能の向上ため、リアトレッドを10mm拡大したほか、サスペンションのダンパー減衰力やバネレートを見直し。ブレーキディスクサイズを15インチにするとともに、キャリパーピストン径、マスターパワーシリンダー径も拡大することで、ブレーキ性能を向上したという。

CR-Z α・Master label 2トーンカラースタイル(プレミアムホワイト・パールII)
CR-Z α・Master label 2トーンカラースタイル(ブリリアントスポーティブルー・メタリック)
CR-Z α・Master label 2トーンカラースタイル(プレミアムイエロー・パールII)
LEDヘッドライト
ターンランプ
インテリア

 「シティブレーキアクティブシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」と「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」を設定し、αにメーカーオプション設定、α・Master labelに標準装備している。

(編集部:谷川 潔)