ニュース

ケンウッド、専用ドラレコに対応する“彩速ナビ”「MDV-L403W」「MDV-L403」

同時発売の専用リアビューカメラにも対応

2015年10月下旬発売

オープンプライス

MDV-L403W

 ケンウッド(JVCケンウッド)は10月13日、AVナビゲーション“彩速ナビ”の新製品「MDV-L403W」「MDV-L403」の2モデルを10月下旬より発売すると発表した。価格はオープンプライスで、店頭想定価格は6万5000円〜6万9000円(税別)。

「MDV-L403W」「MDV-L403」(ワンセグチューナー内蔵/DVD/USB/SD対応)は、“彩速ナビゲーション”のエントリーモデル「Type L」シリーズとして、スマートフォン感覚の操作によるカーナビ機能と各種ソースに対応してAV機能を楽しめるモデル。200mmワイドモデルの「MDV-L403W」では、フラットなフェイスデザインを新たに採用して、200mmコンソール車でのスマートな取り付けを可能にする。

 両モデルとも、同社製ナビ連携型ドライブレコーダー「KNA-DR500」との連携に対応して、撮影映像を同機のモニターで再生することなどが可能。同時発売予定の専用リアビューカメラ「CMOS-C320」「CMOS-C230」「CMOS-C230W」との接続も可能。

 そのほか、FM多重放送「VICS WIDE」や準天頂衛星「みちびき」に対応し、「KENWOOD MapFan Club」の地図更新が1年間無料になる優待券を同梱。SDカードにて最大5年間、毎年、地図更新を自動的に送付する新サービス「ナビ地図SD定期便」に対応する。

MDV-L403

(編集部:椿山和雄)