ニュース

トヨタ、「TOYOTA S-FR」のレーシング仕様車「TOYOTA S-FR Racing Concept」を東京オートサロン2016で公開

「ヴォクシー」「ノア」の“G's”コンセプトカーなどを出展

2016年1月15日〜17日開催

トヨタが東京オートサロン2016で公開する「TOYOTA S-FR」のレーシング仕様車「TOYOTA S-FR Racing Concept」

 トヨタ自動車は、「東京オートサロン 2016」(幕張メッセ:1月15日〜17日)で、「TOYOTA S-FR」のレーシング仕様車「TOYOTA S-FR Racing Concept」のほか、「ヴォクシー」「ノア」の“G's”コンセプトカーを出展する。

 TOYOTA S-FR Racing Conceptは、東京モーターショー2015に出展したコンセプトカー「TOYOTA S-FR」の愛着の湧くシンプルなスタイルを基本にしながら、よりスポーティなスタイルを実現することで、TOYOTA S-FRの新たな世界観を提案するモデル。

 デザインは、オーバーフェンダーやエアアウトレット(空気排出口)を備えたエンジンフードに加え、フロントアンダースポイラー、カナード、リヤスポイラーなどCFRPの大型エアロパーツを採用。サーキットで高いパフォーマンスを発揮することを追求した。

TOYOTA S-FR Racing Concept

 一方、「ヴォクシー」「ノア」の“G's”コンセプトカー「VOXY G's Concept」「NOAH G's Concept」は、“新スポーティミニバンの提案”をキーワードとして“G's”が持つ「走りの味」「クルマの楽しさ」を付与したモデル。

VOXY G's Concept
NOAH G's Concept

 ミニバンを意識させない「走りの楽しさ」「操る喜び」を追求した走りと上質な乗り心地を両立し、スポーティかつ個性的な外観や、走る気持ちを高揚させる室内空間を演出したという。

 今回、トヨタは「東京オートサロン 2016」にTOYOTA GAZOO Racingとして出展、2007年から参戦を続けているニュルブルクリンク24時間耐久レースの歴代参戦車両や、2015年にFIA世界耐久選手権(WEC)や全日本ラリー選手権で活躍した車両なども展示する。

 なお、出展車両・ブースについての詳細については、TOYOTA GAZOO Racingサイトで随時公開予定とのこと。

(編集部:椿山和雄)