ニュース

トヨタ、燃料電池車「FCV PLUS」を「CES 2016」に出展

「トヨタスマートセンター」を中心に人工知能の可能性などを紹介

2016年1月6日〜9日開催

 トヨタ自動車は、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている「CES 2016」で、燃料電池車のコンセプトモデル「TOYOTA FCV PLUS」などを出展して、燃料電池技術の可能性や持続可能な社会に向けたトヨタのビジョンを示した。

 今回トヨタは、世界中にある数百万のクルマからの情報を分析してパーソナライズされたサービスをユーザーに提供する「トヨタスマートセンター」を中心に、自動運転技術、安全性向上に向けた同社のビジョンや人工知能の可能性などを紹介。

 米国トヨタ自動車販売のボブ・カーター氏は「これらの次世代のサービスはこれまで以上に便利にアクセスでき、乗客に快適さや便利さと喜びをお届けします」と強調した。

TOYOTA FCV PLUS
Toyota KIKAI コンセプト
地図自動生成システムのイメージ

(編集部:椿山和雄)