ニュース

仏シトロエン、ジュネーブショーで「スペースツアラー」を世界初公開

4人乗りコンバーチブルの純EV「Eメアリ」も展示

2016年2月22日(現地時間)発表

世界初公開する「スペースツアラー」のイメージスケッチ

 仏シトロエンは2月22日(現地時間)、「第86回ジュネーブモーターショー2016」(プレスデー:3月1日〜2日、一般公開日:3月3日〜13日)の出展概要を公開し、このなかでクロスオーバーテイストを与えた個性的なバン「SpaceTourer(スペースツアラー)」と、このモデルをベースとしたコンセプトカー「SpaceTourer Hyphen Concept(スペースツアラー・ハイフン・コンセプト)」を世界初公開すると発表した。

 新製品として紹介されるスペースツアラーは、「フレンドリーで機能性を持つ個性的なバン」として、ファミリー向けから商用向けまで幅広いニーズを満たすモデル。ブラックアウトされた前後バンパーやフェンダーアーチ、大径タイヤ、ルーフレールなどを備えつつ、セカンドシート用にスライドドアを設定するなどマルチな使い勝手をアピールする車両となっている。

 また、コンセプトカーの「スペースツアラー・ハイフン・コンセプト」は、フランスの若手ポップロックグループ「Hyphen Hyphen(ハイフン-ハイフン)」とのコラボレーションから生み出された1台。内外装に刺激的なオレンジ色のアクセントを使って燃え立つようなデザインを表現。さらに「つながり」というキーワードを元に、「家族同士のつながり」「MPVとSUVの融合」「都会からオープンスペースへの移動」などを表現している。

フランスの若手ポップロックグループ「ハイフン-ハイフン」とコラボして、スペースツアラーに刺激的な内外装を与えた「スペースツアラー・ハイフン・コンセプト」

 このほか、1960年代にデビューしたシトロエンのオープンデッキスタイルのオフロードカー「メアリ」を、100%電動のEVとして復活させた4人乗りコンバーチブル「E-MEHARI(Eメアリ)」も出展。力強さと開放感を兼ね備えたこのモデルに加え、フランスのファッションブランドとコラボレーションし、「キラキラと輝く個性的で斬新なコンセプト」を採用する、Eメアリをベースとしたコンセプトカーの発表も予定している。

往年のシトロエン デザインアイコンとして知られる「メアリ」を純EVとして復活させた4人乗りコンバーチブル「Eメアリ」

(編集部:佐久間 秀)