東京オートサロン2014

トヨタ、ニュルブルクリンク24時間に5.3リッターの「LFA CodeX」などで引き続き参戦

ブースには「マークX」「ハリアー」「ヴィッツ」ベースのカスタムカー

トヨタブース
2014年1月10日〜12日開催

幕張メッセ 国際展示場ホール1〜11/イベントホール

 メインホールから少し離れた北ホールにブースを構えるトヨタ自動車。広いスペースには「86」や「LFA」をベースにしたレース車両、GRMNやG'sのカスタマイズモデルなど、数多くのクルマが展示されている。

 開幕初日に行われたプレスカンファレンスで壇上に立った同社代表取締役社長 豊田章男氏は「ドライバー、モリゾーこと豊田です」とブースに訪れたファンに挨拶し、年初の楽しみとなっている東京オートサロンで「どんなクルマ、どんな笑顔に出会えるのか、1人のクルマ好きとしてワクワクしながらこの会場にやってまいりました」と語った。

カンファレンスでスピーチを行う“モリゾー”こと豊田社長
レースへの参加で「もっといいクルマ作りに向けた体の中のセンサーがより研ぎ澄まされていくのを実感した」という
2014年のニュルブルクリンク24時間レース参戦ドライバー

 その後、86とBRZが多くのカスタマイズメーカーやチューニングショップで「こだわりと愛情にあふれたイジられ方」をされ、レースやラリーで活躍、モータースポーツの広がりと盛り上がりに少しでも貢献できているのは嬉しいと述べた。さらに自身が86を駆りラリーに参戦したことに触れ、「参加者、ファン、運営者、そして地域の皆様、それぞれの距離や思いが近いことがラリーで育まれた素晴らしい文化であり、大きな魅力」と述べるとともに、三菱自動車工業やスバル(富士重工業)が育んできたその場所に、「86によってやっと私もその仲間に入れていただくことができた」と語った。

レース車両の前に並ぶチーム代表の豊田社長と各ドライバー

 2007年から始めたGAZOO Racingの活動については「クルマ好きをもっと増やそう、いいクルマを作ってもっとクルマを好きになってもらいたい」、そのためには「道がクルマを鍛え、極限のレースの環境の中で人を鍛える。この活動を通じてもっといいクルマを作り、クルマ好きの期待に応えたい」という思いがベースになっているとした。

 その一環として参戦を続けているニュルブルクリンク24時間レースだが、2014年は2台のLFAと86の計3台体制で参戦することを発表。LFAのうち1台は「Code X」と名付けられ、排気量を5.3リッターまでアップ、ホイールベースを200mmあまり延長した先行開発車的な役割を持つモデルであることを明かした。ドライバーはLFAが木下隆之、石浦宏明、大嶋和也の各選手、LFA Code Xが飯田章、脇阪寿一、井口卓人の各選手、86が影山正彦、佐藤久美、蒲生尚弥の各選手が乗り、モリゾー氏自身はチーム代表に専念。ドライバーとして参加することはない、とした。

LEXUS LFA。ドライバーは木下隆之、石浦宏明、大嶋和也
LEXUS LFA Code X。ドライバーは飯田章、脇阪寿一、井口卓人
TOYOTA 86。ドライバーは影山正彦、佐藤久美、蒲生尚弥

展示車両

 ブース内に展示される車両は計15台。その中でも注目したいのが「G's」「GRMN」の出展車をはじめとしたコンセプトモデル達だ。どのクルマも市販を前提とした作り込みが行われており、早ければ今年の春ごろには姿を現すモデルもありそうとのこと。特に「GRMN」モデルは今までのパターンだと100台程度の限定モデルになるため、興味があるなら早めにチェックしておいたほうがよさそうだ。

GRMN MARK X Concept
 今となっては貴重なFRセダン「MARK X」。そのカスタマイズモデルとなるカーボンルーフ仕様をベースに、V型6気筒3.5リッターエンジンと6速MTを搭載。専用チューンのサスペンションやLSD、大径ディスクブレーキなどを採用し走りが楽しめるモデルとなっている。

ボディーカラーはガンメタ系の新色
エンジンはV型6気筒3.5リッターの「2GR-FSE」を搭載
リアまわりはかなりアグレッシブなデザイン
タイヤはフロントが235/40 R19、リアが265/65 R19
先代レクサス ISのトランスミッションをベースにした6速MTを搭載。シフトレバーまわりも違和感のない仕上がり
ペダルも当然アクセル、ブレーキ、クラッチの3つ
OBD2コネクタを使った情報表示
メーター文字盤もメタリックな意匠に
GRMNロゴが入ったスタートボタンとその上の加飾はリアルカーボン
シートはGRMNモデルではおなじみのスポーツタイプ

HARRIER G SPORTS Concept
 昨年末にデビューした新型ハリアーをベースとした、G's初のスポーティSUV。18点ものスポット増しやブレース類による剛性アップに加えローダウン、20インチの大径タイヤによりスポーティな走りを実現。インテリアでも専用カラーのメーターを採用するほか、シート表皮やステッチ、加飾の変更によりスポーティなムードが高められている。

スポーティなムードを強調したHARRIER G SPORTS Concept
メーター照明は赤に変更
シフトまわりはカーボン調仕上げ
ペダルもアルミタイプに
インテリアは黒を基調としたシックな仕上がり
ドアトリムも黒基調でイメージを一新

Vitz RS G SPORTS Concept
 同車はすでにカタログモデルになっているが、展示車両はそのマイナーチェンジ版。スプリング&ショックアブソーバー、EPSなどのセッティングが変更されているほか、シートやホイールも新デザインのものにチェンジ。こちらは春ごろにこれに近い姿で登場しそう。

現行モデルとはバンパーの塗り分けが変更されている
アグレッシブなリアビュー
リアスポイラーは大型化
ヌケがよさそうなマフラー
タイヤサイズは前後とも205/45 R17。ホイールは新デザイン
アルミペダルや赤いスタートボタンは健在
シートはホールド感を高めるなどリファインされた新デザインに
レッド&ホワイトのコンビネーションステッチを採用

TE-Spyder 800
 業務外の時間を使って活動するトヨタ技術会の手によるコンセプトカー。大衆車「パブリカ」からヨタハチが生まれたことにインスパイアされたモデルで、通称は「テスハチ」。「MR-S」をベースに「プリウス」のハイブリッドシステムが移植されている。バッテリーはボディー中央、フロアトンネル部分に配置され、低重心化とともにミドシップならではの回頭性に寄与。1tを切る車重と低速トルクを重視したセッティングが施された1NZ-FEエンジンにより、0-100km/h加速は5.8秒をマークする。

MR-Sベースのプラグインハイブリッドモデル、TE-Spyder 800
エンジンは直列4気筒1.5リッターの「1NZ-FE」
焼け色が映える等長エキマニ。トランスアクスルとモーターはこの下
プラグインハイブリッド化されているので充電リッドがある
ホイールはメッキ調
葉っぱに包まれるイメージのコクピット

86×style Cb/86×style Cb spyder
 女性開発チームによるプロジェクトから生まれたモデル。86オリジナルモデルの「ちょっとコワイ」フロントフェイスを、ヘッドライトやバンパーの変更により、親しみのある表情にチェンジ。同時にフロント75mm、リア15mm延長することで、ボリュームがありつつプロポーションのよいスマートなフォルムを実現している。インテリアはダークブラウン系のレザーを中心としたコーディネート。長く乗ることができるオトナの上質感を演出する。クーペボディーのモデルは市販予定で、価格は450万円〜500万円を目指して開発中という。

市販される予定となっている86×style Cb
楕円のグリルでワイド感を強調。両側のLEDはポジションとウインカー
ヘッドライトは光軸が86と同じ位置になるように設計されている
フェンダー部分にブルーのアクセントランプ。そこからリアに続くペイントで低重心なイメージを狙う
リアスポイラーを延長することでスマートな印象に
ホイールは純正オプションのカラーを変更
ブラウンレザーでコーディネートされたインテリア
メーターはベージュ系カラーの透過で優しいイメージ
エアコンダイヤルも変更されている
クラスターパネルはウッド調
GRMNのスポーツシートも表皮を変えることで上質な印象に
ドアトリムはレザーとファブリックの凝ったコンビネーション
86×style Cb spyderは参考出品の扱い
グリル横のLEDはウインカーのみ
ヘッドライトにポジションを内蔵するなどクーペ版とは少し意匠が異なる
オープンモデルはそれだけで華やかな印象
クラスターパネルの意匠などもクーペとは異なる
こちらもレザー張り

そのほか
 TOM'Sからクラウンアスリートベースのコンプリートカーが出展されているほか、ラリーや耐久レースに参戦した86が展示されている。

TOM'Sによってカスタマイズされたクラウンアスリート
ディフューザーやナナメに重ねられたマフラーなど強烈なリアまわり
タイヤはフロント225/40R19、リアは255/35R19。ホイールはTOM'SのVP-7
スタートボタンはTOM'Sロゴ入りのブラック仕様
レースの作戦指揮所をイメージした「COMMAND HIACE」
インパネはボディーカラーと同じホワイトのペイントをプラス
運転席&助手席はBRIDE製のスポーツシートに
室内には海外モデルのキャプテンシートを4脚セット
LED照明とラップタイムなどを表示するための液晶モニター
マフラーはモデリスタ製をベースのオリジナル
タイヤはLT規格の215/60 R17
スーパー耐久仕様のGR SPIRIT 86
TRDラリーチャレンジ GR TRD 86。ウインドーにモリゾーの名前が
全日本ラリー仕様のGR LUCK 86。ライトポッドが迫力
レーシングスーツを着て記念撮影ができる「キッズレーサー撮影会」用のEV

安田 剛

デジモノ好きのいわゆるカメライター。初めてカーナビを購入したのは学生時代で、まだ経路探索など影もカタチもなかった時代。その後、自動車専門誌での下積みを経てフリーランスに。以降、雑誌やカーナビ専門誌の編集や撮影を手がける。一方でカーナビはノートPC+外付けGPS、携帯ゲーム機、スマホ、怪しいAndroid機など、数多くのプラットフォームを渡り歩きつつ理想のモデルを探索中。