【最新ニュース】
メルセデス・ベンツ日本、2012年に新型「Bクラス」「CLSシューティングブレーク」など投入
2ケタ%増を期待。スマートEVの試乗も

スマート エレクトリック・ドライブ(右)とスマート フォーツー

2012年2月22日開催



 メルセデス・ベンツ日本は2月22日、東京 六本木のメルセデス・ベンツ コネクションで、記者会見を開催、2011年の総括と、2012年の事業について説明した。

上野副社長

新世代ディーゼルやCLSシューティングブレークを導入
 同社の上野金太郎副社長は2012年の同社の方向性についてまず「エキサイティングな製品攻勢」を挙げた。

 具体的には新型「SLクラス」を3月以降に導入。ボディーをほぼアルミとすることで、環境性能と走行性能を向上させた。

 続いて新型「Bクラス」を導入する。これはダイムラーの小型車戦略「NGCC」(ニュー・ジェネレーション・コンパクトカー)の第1弾となるもの。Bクラスに続いて5台ほどのNGCCが投入される予定としている。

 また3代目となる新型「Mクラス」が予定されている。こちらには、ガソリンエンジンと合わせ、新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する。ちなみに現行車両に占めるクリーンディーゼルの比率は、メルセデス・ベンツ全体の約5%で、Eクラス セダンの約15%、Eクラス ワゴンとMクラス ワゴンの約4割になると言う。同社は規制以前の日本市場でもディーゼルエンジンを積極的に導入してきた経緯があり、今後も継続してディーゼル攻勢をかけるとしている。

SLクラス Bクラス Mクラス

 続くのはEV(電気自動車)の「スマート エレクトリック・ドライブ」。輸入量産車初のEVとしての導入をめざす。補助金等と含めれば、「他の国産車に近い価格で提供できる」としている。

 2012年後半には「CLSクラス」のバリエーション「CLS シューティングブレーク」。4ドアクーペであるCLSのリアを作り替え、5ドアのスタイリッシュなワゴンとした。同社はCLS シューティングブレークもクーペと呼んでいる。

 さらにAMGモデルとして、「SLK 55」「ML 63」「SL 63」の導入を予定。AMGのドライビング・イベントも予定する。

 このほか2012年は、ディーラーの改装や移転、新CIの導入、ディーラーシステムの見直し、トレーニングの拡充といった販売の強化を図る。

 これらにより、2012年は前年比2ケタ%増の伸びを期待し、輸入プレミアムブランドNo.1を目標に掲げる。

スマート エレクトリック・ドライブ CLSシューティングブレーク AMGもSLK 55、ML 63、SL 63などを導入する
スマート エレクトリック・ドライブのミニ試乗会も開催された 試乗車には欧州仕様の充電プラグが付いていたが、日本仕様は日本のプラグが付く。急速充電ポートはなく、200Vの普通充電のみ
室内はガソリンエンジンのスマート フォーツーとほぼ同じで、始動もシフトレバー後ろのイグニッションキーを捻る。ダッシュボード上のメーターは左が電池残量、右が電力消費量と回生発電量を表す
モーターは後車軸に搭載しており、エンジンベイの上からはほとんど見えない

 

スピークス社長兼CEO

メルセデス・ベンツ コネクション2も
 同社のニコラス・スピークス社長兼CEOは、2011年の総括を担当した。2011年の日本での販売台数はメルセデス・ベンツが3万3207台、スマートが1214台で、それぞれ前年比7.4%増、10.3%増と好調だったことを報告した。

 アフターサービスも強化され、トレーニング延べ日数は前年比21%増となり、大阪にもトレーニングセンターを開設した。パーツの売上が前年比4.5%増だった一方で、保証修理件数が9.3%減だったことを、品質改善の裏付けとした。

 また、新車販売の約40%がメルセデス・ベンツ・ファイナンスを利用し、その3分の2が残価設定タイプのローンだった。

 2011年はファッション・ウィーク東京への協賛、メルセデス・ベンツ コネクションの開設といったマーケティング活動も行ったが、とくに新規顧客獲得を目的としたメルセデス・ベンツ コネクションは、総来場者数約40万人のうち女性が44%、40歳以下が60%、メルセデス・ベンツ以外の所有者が48%を占めるという、狙い通りの成果を挙げていると言う。

 メルセデス・ベンツ コネクションは2012年12月までの期間限定のため、メルセデス・ベンツ コネクション2の構想も出ていると言う。また、今年もファッション・ウィーク東京に協賛し、これに合わせて新型SLクラスを導入する。

日本での販売台数 全世界の販売台数も好調 メルセデス・ベンツ コネクションは目論見通りの成果
22日から3月4日まで、メルセデス・ベンツ コネクションは「文化庁メディア芸術祭」のサテライト会場となり、出展作品が場内で上映されている。また、同祭のアニメーション部門で大賞を受賞した「魔法少女まどか☆マギカ」のスマート エレクトリック・ドライブ ラッピングカーが展示される。ラッピングカーは写真の「魔法少女バージョン」のほか、「魔女バージョン」も用意され、試乗することもできる
メルセデス・ベンツ コネクションに展示されていたデジーノ仕様のGクラスは、実は日本未導入のディーゼル仕様。リアに回ってみると「ブルーテック」の文字がある。日本に導入される予定は今のところなく、あくまで参考展示

(編集部:田中真一郎)
2012年 2月 23日