【最新ニュース】
トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ、スポーティモデル「マークX G's」設定
PREMIUMに2.5リッター車を追加するなどグレード体系の見直しも

350S(ダークレッドマイカメタリック)

2012年8月27日発売
244万円〜390万円



 トヨタ自動車は8月27日、「マークX」をマイナーチェンジして発売した。価格は244万円〜390万円。また、スポーツコンバージョン車「G SPORTS」(G's)を新たにマークXに設定し、10月9日に発売する。「マークX G's」の価格は2.5リッター車が359万円、3.5リッター車が420万円。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
250G“Fパッケージ” V型6気筒DOHC 2.5リッター 6速AT 2WD(FR) 2,440,000円
250G 2,700,000円
250G“Sパッケージ” 2,990,000円
250G Four“Fパッケージ” 4WD 2,671,000円
250G Four 2WD(FR) 2,931,000円
350S V型6気筒DOHC 3.5リッター 3,600,000円
PREMIUM V型6気筒DOHC 2.5リッター 2,920,000円
PREMIUM Four 4WD 3,151,000円
PREMIUM V型6気筒DOHC 3.5リッター 2WD(FR) 3,900,000円

制振材の採用拡大、溶接スポット点数の増加など、静粛性・操縦性を向上
 今回のマイナーチェンジでは、内装材やフロントピラー内の制振材の採用を拡大し、静粛性を向上。さらに溶接のスポット点数を追加するなどボディー剛性を高め、操縦性・走行安定性も高めた。

PREMIUM(3.5リッター車。ホワイトパールクリスタルシャイン) 350S(ブラック)
250G“Sパッケージ”(ダークブルーマイカ) 250G(ダークブルーマイカ)

 エクステリアでは、フロント&リアバンパー、フロントグリル、リアコンビネーションランプのデザインを変更したほか、バイキセノン式ディスチャージヘッドランプ&LEDクリアランスランプを採用。ボディーカラーには新色のダークレッドマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む、全6色を設定した。

 インテリアでは4眼メーターの採用や、シフトレバーまわりなどに高輝度シルバー塗装が施されている。

 また、PREMIUMにはV型6気筒DOHC 3.5リッター「2GR-FSE」エンジン搭載車に加え、V型6気筒DOHC 2.5リッター「4GR-FSE」エンジン搭載車(2WD・4WD)を新たに設定するなど、グレード体系を見直した。さらに、PREMIUMには「プレミアム」「スポーツ」「スタンダード」と、それぞれで装備を充実させたモデルが用意される。

250G“Sパッケージ”のインテリア 250G/250G Fourのインテリア
250G/250G Fourのインテリア(インテリアカラー:ビターブラック) 250G“Fパッケージ”、250G Four“Fパッケージ”のインテリア(インテリアカラー:アイボリーブラック)

プレミアムタイプ(PREMIUM、PREMIUM Four)
・フロントロアグリル、サイドマッドガードなどにメッキ加飾を施し、高級感を演出
・シート表皮にアルカンターラを新設定
・新構造のFAD(振動数感応)ショックアブソーバーを2WD車に採用し、優れた操縦性・走行安定性とショックの少ない快適な乗り心地を高次元で両立
・ナノイー、スーパーUVカットガラス(フロントドアガラス)を標準装備し、快適性を向上
・オプション設定のインテリジェントパーキングアシスト(イージーセット機能&駐車空間認識機能付)の利便性を向上

スポーツタイプ(250G“Sパッケージ”、350S)
・リアスポイラー(バンパーロア)の意匠を変更したほか、メッシュタイプのフロントロアグリルを採用するなど、スポーティ感を大幅に強調
・内装パネルに幾何学調柄を新設定

スタンダードタイプ(250G“Fパッケージ”、250G Four“Fパッケージ”、250G、250G Four)
・インテリアカラーに新色ビターブラック、アイボリーブラックの全2色を設定
・木目調パネル色にグレージュを追加し、全2色を設定

350S“G’s”(ホワイトパールクリスタルシャイン)

専用サスペンションなどを装備するマークX G's
 マークX G'sは、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したモデルで、おもにハンドリング性能の向上が図られた。

 「走りの楽しさ」「操る喜び」を実現するべく、コイルスプリングやショックアブソーバー、ブッシュなどに専用チューニングを施した。車高はベース車からフロントが約20mm、リアが約15mmダウンする。

 また、各種メンバーブレースの採用や溶接のスポット点数の追加でボディー剛性を向上させるとともに、床下気流の整流化を目的とする空力パーツを装備。さらに高剛性で軽量な専用19インチ鍛造アルミホイール、高性能タイヤのほか、レッド塗装や“G's”ロゴをあしらった専用ブレーキキャリパーなどを採用する。

 エクステリアでは、専用デザインのバンパー(フロント/リア)、フロントグリル、4本出しマフラー(大径バッフル)を採用するとともに、“G's”エンブレムをフロントフェンダーとラゲージドアに配した。

 また、インテリアではアルカンターラの“G's”エンブレム付専用スポーツシートを装備するほか、専用オプティトロンメーター(白文字盤/“G's”ロゴ付)、レッドステッチ入りステアリング&シフトレバーノブ、カーボン調加飾のインストルメントパネルなどにより、スポーティ感を高めている。

350S“G’s”(ホワイトパールクリスタルシャイン) 350S“G’s”のインテリア
G’s専用対向4ピストンキャリパー(レッド塗装/G’sロゴ付) G’s専用チューニングサスペンション(フロント約20mm、リア約15mmダウン)

(編集部:小林 隆)
2012年 8月 27日