【最新ニュース】
メルセデス・ベンツ、スタイリッシュな「CLS シューティングブレーク」発表会
流麗なスタイリングに実用性を兼ね備える“新しいコンセプトの5ドアクーペ”

発表会の参加者によるフォトセッション

2012年10月12日開催



スーパーモデルのジョアン・スモールズさんがCLS シューティングブレークの発表会に参加

 メルセデス・ベンツ日本は10月12日、東京 六本木にある同社のショールーム「メルセデス・ベンツ コネクション」で、CLSクラスの派生車種「CLS シューティングブレーク」の日本導入発表会を開催した。

 発表会で日本語のスピーチを行った同社のニコラス・スピークス社長は、「2004年に初代CLSを発表してから、その美しく魅惑的な4ドアクーペがお客様を魅了してきました。そして本日、そんなCLSに新しくシューティングブレークという仲間が加わりました。CLSシューティングブレークは、美しいボディーラインを保ちながら、レジャーやスポーツにも使える新しいタイプの“スポーツクーペツアラー”です」と、ニューモデルのコンセプトを語った。

 ニコラス社長に続いて登壇した上野金太郎副社長は、世界に先駆けて“4ドアクーペ”という新たなカテゴリーを生み出した初代CLSは高く評価され、約17万台を販売。さらに昨年フルモデルチェンジして登場した2代目CLSも、すでに全世界で6万台を販売していると紹介。新しいCLS シューティングブレークについては「デザイン、機能性、走行性能などすべての面を追求した1台です。何事にも妥協せず、仕事にも趣味にも強いこだわりを持って、アクティブに人生を楽しむ人に向けたモデルになっています」とコメントした。

CLS 63 AMGシューティングブレーク
メルセデス・ベンツ日本のニコラス社長 メルセデス・ベンツ日本の上野副社長
テールゲートの傾斜と一体化した流麗なルーフラインと力強いキャラクターラインの相乗効果で、エレガンスとダイナミズムを両立するというCLSシューティングブレークのデザインスケッチ 今年度から制定された「LPGA Mercedes-Benz Player of the Year」(LPGA メルセデス最優秀選手賞)の受賞者に、CLSシューティングブレークが贈呈されることが決定したことも発表された

 また、「さまざまなアクティビティで活躍する人のためのクルマ」というコンセプトを受けて、メルセデス・ベンツが世界で活動を行っている「メルセデス・ ベンツ ファッションウィーク」のキービジュアルにも採用されており、この発表会にもスペシャルゲストとしてキービジュアルの写真でCLS シューティングブレークと共演するスーパーモデルのジョアン・スモールズさんが参加した。

話題のスーパーモデルの登場に「彼女の素晴らしさはどのように表現したらよいか分からない」と語った上野副社長 メルセデス・ ベンツ ファッションウィーク東京のキービジュアル スーパーモデルのジョアン・スモールズさん

 このほか、会場にいた説明員によると、CLS シューティングブレークの細かな月間販売目標などは設定されていないものの、同じCLSの4ドア車と5ドア車の販売比率は7:3から8:2と想定しているとのこと。

 これは価格帯がクロスする部分のあるEクラスを参考にした予想とのことで、やはり高価格帯のモデルは4ドア車の需要が高い傾向にあると説明された。余談だが、逆にCクラスでは比率が6:4から、ときには5:5になる場合もあると言う。

CLS 350 BlueEFFICIENCY AMGスポーツパッケージ 今回のハイライトになるリアセクション。ハッチバックゲートになったことで収納力と近い勝手が向上したほか、ルーフエンドが後退したことでリアシートの居住性も高まっている 通常時のラゲッジ容量は590L
リアシートは6:4の分割可倒式。ラゲッジ側に用意されているレバーを引くだけで、座面も連動して沈み込むよう工夫されている フルラゲッジモードでの容量は1550L 巻き取り式のラゲッジルームカバー
アメリカンチェリーとスモークドオークの組み合わせでクルーザーのデッキを想起させる「designoウッドフロア」は、全車に50万円高でオプション設定 油圧ヒンジを備えるラゲッジボードの下に、使い勝手をさらに向上させる「EASY-PACKフィックスキット」を収納
広いラゲッジスペースを使い分けるための伸縮式ポール。アルミ製レールの上をスライドするベースは無段階で位置を固定できるので、さまざまな使い方に対応する
クーラーボックスやボールなどが転がらないよう固定するベルト。ベースの固定位置やベルトの長さ調節で幅広い活用が可能だ レールの上を移動&固定するベースはユーティリティフックの機能も持つ ベースやベルトなどをまとめて保管できる専用ケースも用意されている
CLS 63 AMGのインパネ CLS 350 BlueEFFICIENCY AMGスポーツパッケージのインパネ
CLS 63 AMGのステアリング パドルシフトは全車標準装備。AMGモデルはシルバーアルミニウムとなる CLS 63 AMGのメーターパネル
CLS 350 BlueEFFICIENCYのドライバーズシート。内装色はブラック/オーベルジン 特別仕様車であるCLS 63 AMG シューティングブレークEdition 1のドライバーズシート。内装色は専用設定のdesignoプラチナホワイトパール CLS 350 BlueEFFICIENCY AMGスポーツパッケージのリアシート。内装色はブラック(コントラストカラーステッチ入り)
ガラス・スライディングルーフはCLS 350にオプション設定、CLS 550/CLS 63 AMGは標準装備となる フロントシートにはアンダーシートボックスを備える CLS 350 BlueEFFICIENCY AMGスポーツパッケージのセンターコンソール。独自の「COMANDシステム」のコントローラーなどを装着
CLS 350 BlueEFFICIENCYの276型エンジン。V型6気筒DOHC 3.5リッターで、306PS/370Nmを発生させる CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCYの278型エンジン。V型8気筒DOHC 4.7リッターツインターボで、408PS/600Nmを発生 CLS 63AMGの157型エンジン。V型8気筒DOHC 5.5リッターツインターボで、524PS/700Nmを発生。特別仕様車のEdition 1では同型のエンジンを搭載するが、使用するパーツの強度アップや制御変更などで557PS/800Nmまで出力を向上。速度リミッターも250km/hから300km/hに変更される
71個のLEDを使用する「LED ハイパフォーマンスヘッドライト」 CLS 350 BlueEFFICIENCY AMGスポーツパッケージやCLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCYに標準設定されるスクエアデザインのツインクロームエグゾーストエンド
CLS 350 BlueEFFICIENCYが装着する255/40 R18タイヤ CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCYのフロントタイヤ。サイズは255/35 R19 鍛造アルミホイールに255/35 R19タイヤを組み合わせるCLS 63AMGシューティングブレークEdition 1のフロントタイヤ

(佐久間 秀)
2012年 10月 12日