ニュース

ケンウッド、彩速ナビ用ヘッドアップディスプレイ「HU-400X」

LCOSによる「D-ILA」採用。左ハンドル車にも対応

彩速ナビ用ヘッドアップディスプレイ「HU-400X」
2014年5月中旬発売

オープンプライス

 JVCケンウッドは、同社の彩速ナビゲーション用ヘッドアップディスプレイ(HUD)「HU-400X」を、5月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10万円(税抜き)。対応カーナビは2014年モデルの「MDV-Z701W/MDV-Z701」(ver1.0.0045.110〜)、2013年モデルの「MDV-Z700W/MDV-Z700」(ver1.30055.0100〜)、2012年モデルの「MDV-737DT」(ver1.8.0064.0100〜)。

HUDユニットと各彩速ナビゲーションは中継ボックスを介して接続される
HUDユニット

 同社は昨年、HUDを付属したSSDカーナビ「MDV-737HUD」を発売。今回のHU-400Xは、このMDV-737HUDで好評だったルームミラーへの取り付けや、運転中に重要度が高い情報を厳選し、安全性を重視しながら表示するといった機能はそのままに、MDV-737HUD以外の彩速ナビゲーションにも対応。追加オプションとして単体で発売される。

 HU-400Xでは、独自のLCOS(Liquid Crystal On Silicon:反射型液晶)方式による表示デバイス「D-ILAデバイス」をHUDユニットに採用。HUDには、曲がるべき交差点に近づくと矢印を表示する「右左折矢印表示」、幹線道路など複雑な交差点をイラストで表示する「3D交差点イラスト表示」、高速道路の入口付近などを立体的に表示する「ハイウェイエントランスガイド表示」、高速道路などのJCT(ジャンクション)で分岐点の手前から矢印を表示する「ジャンクションガイド表示」などを表示することが可能になっている。

 HUD本体はルームミラーに取り付けることが可能で、取り付け金具を2種類同梱し、スライド機構も装備していることから、さまざまなサイズのルームミラーに対応。光学ユニット/コンバイナを反転させることで左ハンドル車でも使用できるとしている。

 HU-400Xのユニットサイズは282×145×91.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は308g。

(編集部:小林 隆)