ニュース

大阪 御堂筋をフェラーリのF1が走った! 橋下市長「大阪でF1公道レースの実現を」

松井府政、橋下市政総仕上げのイベント

2015年11月29日開催

大阪・御堂筋をフェラーリのF1マシンが走行してエキゾーストノートを響かせた

 大阪の御堂筋を歩行者天国にする「御堂筋オータムパーティー2015(御堂筋ワンダーストリート)」が11月29日に開催され、会場ではフェラーリのF1マシンが公道走行を披露。松井一郎大阪府知事、橋下徹大阪市長も登場し、橋下氏が大阪での公道F1レースの実現を訴えた。

 14時からスタートしたイベントでは、ステージ上で松井氏と橋下氏がイベントの開催に向けて挨拶した後、F1に参戦経験のある大阪府出身の中野信治氏がフェラーリのF1マシンに乗り込み走行を披露した。

 ステージ上で、橋下氏は「まさかこんなイベントができるとは思っていませんでした。松井府政、橋下市政には、賛成、反対の方がいるかと思いますが、この8年間ありがとうございました」と挨拶。

 続けて、橋下氏は「松井府政と橋下市政のキーワードは”挑戦”ということです。誰もが絶対できないと思っていることをやるのが松井府政と橋下市政の方針。今回の総仕上げのイベントが、F1の御堂筋走行で本当に嬉しい。やろうと思えば、関係者の協力があればできるということがこういうことで示された」と語った。

 加えて「国の方では、日本でも公道レースをやろうと法律改正をやろうと動きがあります。法律改正が実現できれば、大阪でF1の公道レースをやるべき、やらなければならないと思っています。この大阪でF1レースの公道レースの実現のために、頑張っていきましょう」と、沿道に集まった観客に呼びかけた。

 同イベントは、大阪府や大阪市など12団体で構成する「御堂筋パーティー2015 実行委員会」が主催。道頓堀開削400周年、大坂の陣から400年などの節目の年となるシンボルイヤーにあわせて企画されたもので、開催当日は交通規制が実施され、御堂筋を歩行者天国として開放した。

 イベントは、御堂筋(久太郎町3交差点〜難波西口交差点)を「エフワンダーストリート」「ナニワンダーストリート」2つのエリアに分けて実施。

 久太郎町3交差点〜新橋交差点では、「エフワンダーストリート」として、公道走行を披露したF1マシンのほか、パレードに参加した100台のスーパーカーの車両展示が行われる。

 新橋交差点〜難波西口交差点では、「ナニワンダーストリート」として都道府県や府内市町村のご当地グルメ等が並ぶ飲食ブースのほか、ジャズ等の音楽や大道芸などの路上パフォーマンスが楽しめる音楽体験ブース、ステージイベントなどを用意。

 また、夜には御堂筋イルミネーションを車道から見ることができる「御堂筋イルミネーション 2015 ワンダーイルミナイト(主催:大阪・光の饗宴実行委員会)」も開催される。

(編集部:椿山和雄)